BONX/BONXが事業拡大に伴い「BONX WORK」へネーミング変更を実施

BONX/BONXが事業拡大に伴い「BONX WORK」へネーミング変更を実施

BONX IT導入補助金に関するリリース

音声によってあらゆるシチュエーションでのチームの成長に貢献する「Team Growth Platform」を提供する株式会社BONX(東京都世田谷区、代表取締役CEO:宮坂貴大、以下「BONX」)は、事業拡大に向けた施策の一環として「BONX WORK」へ本サービスのネーミング変更を実施いたしました。

ネーミング変更の背景について
BONXでは現在、「BONX for BUSINESS」の事業拡大に向けた施策の一環として本サービスのリブランディングに取り組んでいます。本サービスにおいては、「Team Growth Platform」という新しいコンセプトを制定し、お客さまのチーム全体の成長をドライブするプラットフォームとなることを目指していきます。トランシーバーやインカムの代替プロダクトというポジションから離れ、ハードウェアやアプリケーションを磨き上げ、本サービスに触れるすべてのチームの未来をより成長させていきたい、そんな思いのもとこの新しいコンセプトをつくりました。なお、サービス名は変更となりますが、サービス内容、料金等に変更はございません。

新ネーミング及びロゴ

                        【変更前】
                    「BONX for BUSINESS」

BONX/BONXが事業拡大に伴い「BONX WORK」へネーミング変更を実施

                       【変更後】
                      「BONX WORK」

BONX/BONXが事業拡大に伴い「BONX WORK」へネーミング変更を実施

今後について
BONXは、現在までにスポーツ/小売/介護/飲食/病院/建築現場/リモートワークなど、あらゆるシチュエーションにおいて導入され、チームの成長に貢献するTeam Growth Platformとして拡大しています。今後の「Team Growth Platform」の具現化に向けた新しいコミュニケーション・開発基盤を整えるべく、次なる取り組みを推進していきます。

株式会社BONXについて
https://bonx.co.jp/

2014年に宮坂貴大が創業。アクションスポーツ中における仲間とのコミュニケーションの課題からBONXを着想し、2016年12月に「BONX Grip」の発売を開始。2017年12月には法人向けサービスBONX WORKをスタートさせました。2019年7月に第85回エンデバーISP(最終国際選考会)にて日本起業家としては7社目となるエンデバー・アントレプレナーとして選出され、2019年11月から2020年6月に行った新プロダクト「BONX mini」のクラウドファンディングでは約8,000万円の支援を頂き目標を大幅に達成。2020年6月にはBONX WORKの大幅なソフトウェアアップデートを行い、音声による常時接続による密なコミュニケーションを実現。BONXは、スポーツ/小売/介護/飲食/病院/建築現場/リモートワークなど、あらゆるシチュエーションでのチームの成長に貢献するTeam Growth Platformとして拡大しています。
社名:株式会社BONX (BONX INC.)

代表:宮坂貴大
設立:2014年11月
本社所在地:東京都世田谷区駒沢4丁目18-20
本リリースに関するお問い合わせ:pr@bonx.jp