産業経済新聞社/働き方を改善する革新的な指南本 「日本働き方会議」代表理事の著書プレゼント

産業経済新聞社/働き方を改善する革新的な指南本 「日本働き方会議」代表理事の著書プレゼント

産経新聞社 IT導入補助金に関するリリース

産経新聞社が後援する一般社団法人日本働き方会議(名誉座長・橋下徹氏)は、同代表理事で、株式会社システム科学代表取締役社長・石橋博史氏の著書「トヨタ式ホワイトカラーの業務改善 最少人数で最強組織をつくる」(ダイヤモンド社)を100名にプレゼントします。

産業経済新聞社/働き方を改善する革新的な指南本 「日本働き方会議」代表理事の著書プレゼント

本書は、トヨタ生産方式を直接学び、40年以上に渡り、人と組織の生産性向上に取り組んできた石橋氏が、日本のホワイトカラーの業務をトヨタ式で「カイゼン」し、生産性向上を実現するガイドとして書き下ろしました。

いま企業では、生産性向上とデジタル化が急務の課題とされています。本書では、生産性向上に欠かせない独自の手法を披露。話題のDX(デジタルトランスフォーメーション)を導入したい企業や、自治体関係者向けにも役立つ内容になっています。

日本働き方会議代表理事・石橋博史氏著書「最少人数で最強組織をつくる」100冊プレゼント
対象:働き方改革、生産性向上に興味がある方
応募方法:日本働き方会議ホームページ( https://jwc-kaikaku.jp )から
締め切り:2月28日(日)
※応募者多数の場合は抽選し、当選発表は本書の発送をもって代えさせて頂きます

「トヨタ式ホワイトカラーの業務改善 最少人数で最強組織をつくる」(ダイヤモンド社)
著者:石橋博史氏(一般社団法人日本働き方会議 代表理事、株式会社システム科学 代表取締役社長、一般社団法人可視経営協会 代表理事)
定価:本体1,800円+税
【著者略歴】
自動車部品メーカーに勤務。トヨタ生産方式を実践し、生産性向上や業務改善を推進した。1986年、株式会社システム科学を設立し、代表取締役社長に就任。「チャート作成システム及び業務プロセスの可視化法」を考案し、2010年2月に特許を取得する。業務革新の実践及び支援ツール「HIT.S法」を開発。100社以上、事業部門500カ所以上への導入実績を誇る。現在は、RPAの導入に必要なEUC(エンドユーザーコンピューティング)ツールとして、多数企業に「HIT.S法」導入を推進している。