アウトソーシングテクノロジー/DX推進の課題を見える化!新サービス「DXポテンシャル診断」をリリース

アウトソーシングテクノロジー/DX推進の課題を見える化!新サービス「DXポテンシャル診断」をリリース

OSTech IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

〜自社の現状を客観的に把握し、DX推進を加速化〜

株式会社アウトソーシングテクノロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:茂手木 雅樹、以下 OSTech)は、新サービス「DXポテンシャル診断」を2021年1月21日(木)にリリースしました。
コロナ禍で加速する企業のDX*1(デジタルトランスフォーメーション)推進におけるポイントを可視化し、デジタル企業への変革と新しい価値創出を支援してまいります。

アウトソーシングテクノロジー/DX推進の課題を見える化!新サービス「DXポテンシャル診断」をリリース

DXポテンシャル診断は、DXの観点から企業の状態を独自の指標により可視化するサービスです。診断項目への回答結果に基づきDX推進における企業の推進力(強み)と障壁(弱み)を診断します。DXの推進にあたり大きな影響を与える要素について、企業が自社の現状を把握し、プロジェクトを円滑に推進するポイントを理解することで、着実なDX推進を支援いたします。

OSTechでは、この診断結果をもとに、DX実現に向けた戦略策定、体制整備など、DX推進の実践を一貫して支援してまいります。また、お客様のDX推進のテーマや課題にあわせてDXに通じるデジタル人材やテクノロジーなど様々なサービスを、OSTechが保有するAR/MRやRPAなどのDXポートフォリオを通じてご提案いたします。

*1 DX:デジタルトランスフォーメーション。企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。(経済産業省「DX推進指標とそのガイダンス」より)
 

  • 背景

2020年12月28日、経済産業省より「DXレポート2(中間取りまとめ)」が公表されました。2018年に初の「DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~」が公表されてから2年が経過した現在、デジタル変革に対する現状への危機感をもつ国内企業は増加しているものの、「DXの取り組みを始めている企業」と「まだ何も取り組めていない企業」に二極化しつつある状況にあることが報告されています。 *2

また、同レポートの中では、DX推進を阻害する大きな要因は「レガシーな企業文化」であり、DXを成功させるためにはこれまで当たり前と考えていた企業文化、商習慣、業務プロセスの変革に踏み込む必要があることが指摘されています。
OSTechでは、これまで約4,000社に及ぶ企業様に向けて技術系の人材サービスを提供してまいりました。
「DX」は、多数のレガシーな業務プロセスをデジタルに置き換えることに課題がありますが、OSTechでは日々直面するこれらの課題の解決にお客様とともに取り組むことによって、多くのインサイトを蓄積してきました。

OSTechでは、これらの膨大なインサイトの蓄積をもとに、独自のアルゴリズムを用いて開発した「DXポテンシャル診断(無料)」をご提供するに至りました。

*2出所:経済産業省 デジタルトランスフォーメーションの加速に向けた研究会 本研究会開催の背景より(2020年12月28日)*3出所:DX経営戦略ー成熟したデジタル組織を目指して」(2020年、NTT出版)
 

  • 本サービスの特徴

DXポテンシャル診断は、企業が実際にDXを推進するにおける推進力(強み)と障壁(弱み)を可視化し、DX推進をするうえでのポテンシャルを診断するものです。

<ポイント>
・「戦略」「組織文化」「業務プロセス」「組織構造」「人」「テクノロジー」という6つの診断項目領域で比較・分析
・OSTechが人材サービスを通じ蓄積したデータをもとに、独自のアルゴリズムにより開発
・無償にてご提供
・自社のDX推進状況を客観的に可視化、自社内での建設的な議論に活用可能
・同業界内でのDX推進状況と比較し、自社の立ち位置を俯瞰的に把握
・DX推進の体制・方針等、計画の見直しポイントを明確化し、DX推進を加速化
 

  • 診断の流れ

アウトソーシングテクノロジー/DX推進の課題を見える化!新サービス「DXポテンシャル診断」をリリース

1.診断項目に回答

企業が専用フォームより診断項目に回答。必要に応じて、現場の視察やヒアリングを実施。

2.回答分析・レポーティング
回答結果をOSTechが整理・分析。DXプロジェクトを進める上での障壁と効果、同業界等の傾向との比較情報を記載したレポートを作成。

3.結果報告・ご提案
アンケート回答の約2週間後に、分析結果をご報告。あわせて具体的なDX施策、ソリューションをご提案。

<本サービスに関するお申し込み先>
お問い合わせフォーム:https://solutions.ostechnology.co.jp/inquiry/index.html

DXはITツールを導入することにとどまらず、デジタル技術によって事業モデルや企業文化の変革を行い、新しい企業価値を創出し、経営戦略にも影響を及ぼします。
OSTechは今後も、お客様の課題に基づいたサービスやソリューション、デジタル人材の提供を通じ、企業のDX支援に向けた活動を展開してまいります。

 
【OSTechについて】
・社名 :株式会社アウトソーシングテクノロジー
・HP :https://www.ostechnology.co.jp
・代表者 :代表取締役社長 茂手木 雅樹
・本社所在地 :東京都千代田区丸の内一丁目8番3号 丸の内トラストタワー本館16・17階
・事業内容 :
R&Dに特化した機械・電子・電気・ソフトウェアの技術者派遣及び開発請負・職業紹介業務(専門職の職業紹介)・企業向けネットワーク、コンピュータ及び情報通信システム関連のハードウェア・ソフトウェア・サービスの輸出入、販売、設計・構築、保守・その他技術サービス等
・設立年月 :2004年12月
・資本金 :483百万円(2020年12月末日現在)
・売上高 :92,391百万円(2019年12月期 連結)
・在籍技術者数:連結 15,888 名(2019年12月末現在)