Tangerine/小売店向けOMOサービスを提供するTangerineが自動ドアセンサートップシェアのオプテックス社との業務提携を本格的に開始

Tangerine/小売店向けOMOサービスを提供するTangerineが自動ドアセンサートップシェアのオプテックス社との業務提携を本格的に開始

Tangerine IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

自動ドアセンサーを新メディアとして活用するシェアリングサービス『OMNICITY』と連携スタート

Tangerine株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:平井清人、以下「タンジェリン」)は、顧客の来店時のオフライン行動データの蓄積・分析を通しOMO施策を提供するオフライン⾏動データプラットフォーム「Tangerine nearME」が、自動ドアセンサートップシェアのオプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:上村 透、以下「オプテックス」)がBLEビーコン(*1)機能搭載の自動ドアセンサーを活用した新サービス提「OMNICITYサービス(以下オムニシティ)」とサービス連携したことを発表いたします。
また、タンジェリンはオムニシティサービス構築にかかるビーコン・クラウド連携技術支援も提供いたしました。

 

Tangerine/小売店向けOMOサービスを提供するTangerineが自動ドアセンサートップシェアのオプテックス社との業務提携を本格的に開始

■オムニシティサービスとは https://www.omnicity.jp/
オムニシティサービスは、通行者のスマートフォンに情報発信(*2)することができる自動ドアセンサーを設置した施設や店舗のエントランスが新しいメディアとなり、自動ドアオーナーはDX(デジタルトランスフォーメーション)を活用したマーケティングやプロモーション施策を手軽に実現できます。また、設置したメディアをサービサーにシェアし、新たなビジネス機会を生み出すことが可能となります。

■オムニシティ連携により拡大するnearMEサービス提供価値
タンジェリンが提供するTangerine nearMEは、ビーコンやカメラ、Wi-Fi、RFIDといったさまざまなセンサーテクノロジーを活用することで、消費者の来店時のオフライン行動データを蓄積・分析し最適な来店施策を提供するオフライン行動データプラットフォームです
オプテックスが提供するオムニシティと連携することにより、Tangerine nearMEを利用する小売店舗、消費財メーカ、デジタルサービスを提供する企業に様々なメリットを提供することが可能です。

小売店でのメリット
オプテックスが提供するオムニシティと連携することにより、Tangerine nearMEを利用する小売店は店舗でのデジタル施策に必須の「消費者の来店」をより正確に把握し、新しい来店施策と顧客分析を強化することが可能となります。
また、オプテックスは全国200万箇所に導入済みの自動ドアセンサーをオムニシティ対応のビーコン機能搭載自動ドアセンサーに順次切り替えていく予定であり、nearMEを活用し新しい店舗DXサービスを実現したい小売店はこれらエントランスに設置された自動ドアセンサービーコンを活用することが可能となり、ビーコン設置などの初期導入にかかる負担やビーコン保守作業などを大幅に軽減し、スピーディーなサービス導入と効率的な運用が可能となります。

消費財メーカーへのメリット
量販店など店舗での販促デジタル化を推し進める消費財メーカーにとっては、Tangerine nearMEとオムニシティの店舗設置した自動ドアセンサービーコンを組み合わせて活用することで、来店時の販促プッシュ通知や店舗でのキャンペーン告知など、効果的なオフライン施策を実現することが可能です。

デジタルメディア・決済サービスなどデジタルサービス提供者へのメリット
デジタルチラシ等のメディアサービスや決済サービス提供者は、Tangerine nearMEとオムニシティ自動ドアセンサービーコンを活用することで、自らビーコンなどインフラを構築することなく早期にサービス提供が可能となり、利用ユーザが「店舗にいる」ことを正確に把握することでさらに付加価値の高いサービスを提供することが可能となります。

*1:ビーコン(Beacon)」は、BLE(Bluetooth Low Energy)という無線技術を利用した伝達手段です。範囲内にビーコンの信号を受け取れ受信端末があると、感知して位置情報をサーバーに送信します。また、サーバーから受信端末に情報を送信することが可能です。
*2:情報受信には、各社が提供するアプリのダウンロードが必要です

オプテックスについて
オプテックスは、セキュリティセンサー、自動ドアセンサー、水質センサーなど特定用途向けの製品やアプリケーションを提供するセンサーメーカーです。また、センサーから得られるデータを活用したソリューション提案に注力しており、サービス産業をはじめとするさまざまな業界に対し、新しいビジネスモデル構築を推進しています。
本社|滋賀県大津市雄琴5-8-12
代表者|代表取締役社長 上村 透
URL|https://www.optex.co.jp/

■Tangerine nearME™について
タンジェリンが提供するTangerine nearMEは、ビーコンやカメラ、Wi-Fi、RFIDといったさまざまなセンサーテクノロジーを活用することで、消費者の来店時のオフライン行動データを蓄積・分析し最適な来店施策を提供するオフライン行動データプラットフォームです。タンジェリンが提供するビーコンはすでに、国内の大型商業施設、大手チェーンスーパー、ディスカウント、アパレル ・専門店、公共機関等において累計3万か所以上の導入実績があり、店内エンゲージメントや販促、店内での新しい顧客体験の実現といった企業様のニーズに貢献しております。