CO-NECT/中小企業のDX推進。酒販店の発注業務に「CO-NECT」採用。インターネットFAXからの切替で重複発注を削減し、スタッフ情報共有の業務効率化を実現。

CO-NECT/中小企業のDX推進。酒販店の発注業務に「CO-NECT」採用。インターネットFAXからの切替で重複発注を削減し、スタッフ情報共有の業務効率化を実現。

CO-NECT IT導入補助金に関するリリース

CO-NECT株式会社(東京都千代田区、代表取締役:田口 雄介)は、三重県で酒販店を運営されている川出酒店(三重県桑名市)が、当社が開発・提供するBtoB受発注システム「CO-NECT(コネクト)」を導入し、発注内容が重複してしまう“重複発注”が削減できたことを発表いたします。

CO-NECT/中小企業のDX推進。酒販店の発注業務に「CO-NECT」採用。インターネットFAXからの切替で重複発注を削減し、スタッフ情報共有の業務効率化を実現。

BtoB受発注システムCO-NECTとは
FAXや電話といった従来のアナログな受発注業務を簡単にデジタルに置き換えられる受発注システムです。発注側はスマホやPCから数クリックで発注可能、受注側もインターネットが繋がる環境であればどこでも注文を受けることができます。

CO-NECT導入の背景​

  • インターネットFAXは発注履歴を確認できず、重複発注が起きてしまう

川出酒店はFAXの送信エラーによる発注漏れを削減するためにインターネットFAXを利用していましたが、インターネットFAXはシステム上で送信内容を確認できないためスタッフ間で発注履歴が共有できず、重複発注が頻発してしまう状況にありました。

  • 発注書をプリントアウトして紙で保管する必要がある

システム上で過去の発注内容を確認出来ないために、結局プリントアウトして紙で保管する必要があり、発注業務の効率化が実現されていませんでした。

導入の効果

  • 時系列に発注履歴を確認できるので、重複発注がなくなった

「CO-NECTは時系列に発注履歴を確認できるので、スタッフ間での情報共有がスムーズに出来るようになりました。また自動で発注内容が集約されるので、ファイリングミスや紛失による見落としの心配がないのも良いですよね。おかげさまで、CO-NECTに切替えてからはほとんど重複発注や誤発注が起こらなくなりました」

  • ペーパーレスで発注書の管理も楽に

「ペーパーレスになったのは想像以上に便利ですね。ゴミが出なくなりましたし、発注書を紛失することもないので履歴がきちんと残り助かっています。今までは仕入れ先ごとに保管する棚を分けていたのですが、その必要もなくなり省スペースになりました」
ー川出酒店様(2020年12月14日)

インタビュー詳細はこちら
https://media.conct.jp/case/kawade_sake/

会社概要
・会社名:CO-NECT株式会社
・本社所在地:東京都千代田区内幸町1-1-6 NTT日比谷ビルB2F A12号
・代表取締役:田口 雄介
・事業内容:BtoB受発注システム「CO-NECT」、ウイスキーコミュニティアプリ「HIDEOUT CLUB」運営
・コーポレートサイトURL:https://conct.co.jp/
・「CO-NECT」サービスサイト:https://conct.jp/