Rapyuta Robotics/Rapyuta Robotics、NEDO事業に採択、倉庫運営プラットフォームの開発に着手

Rapyuta Robotics/Rapyuta Robotics、NEDO事業に採択、倉庫運営プラットフォームの開発に着手

Rapyuta Robotics IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

―物流ロボット向け世界初オープンクラウドプラットフォーム―

報道関係各位

ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」を提供するRapyuta Robotics株式会社(東京都中央区、代表取締役 CEO: Gajan Mohanarajah、以下「Rapyuta Robotics」)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」の一環として、倉庫管理システムの入出庫情報と連動しながら必要な時に必要な台数のロボットを効率的に作業させることができる倉庫運営オープンクラウドプラットフォームの開発に着手します。

本プラットフォームの開発を実現することにより、物流会社などが複数のロボットメーカーなどのハードウエアやソフトウエアを横断的に活用でき、より高度に倉庫作業を効率化できます。また、ハードウエアとソフトウエアの開発企業が利用可能な製品をカタログに登録して、物流会社が登録された製品を利用する場合には利用料を支払うサブスクリプションの仕組みの構築を目指します。

自動搬送車(AMR)、ロボットアーム、自動フォークリフト等の複数・複数種類のロボット連携は複雑性が高く開発費が膨大にかかってしまうのが現状ですが、弊社がこれまで培ってきた物流向けロボティクスのノウハウと「rapyuta.io」を活用することで、現場で使えるロボティクスソリューションを大企業だけでなく中小企業も含めた多くの物流事業者が利用できる未来の実現に向けて邁進して参ります。
 

 

Rapyuta Robotics/Rapyuta Robotics、NEDO事業に採択、倉庫運営プラットフォームの開発に着手

 

 

 

開発テーマ
事 業 名:Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業/業界共用データ基盤の開発/倉庫運営プラットフォームの開発【助成事業】

開発期間:2020年度~2021年度

Rapyuta Robotics株式会社について
Rapyuta Robotics株式会社は、アインシュタインを始め数々の著名研究者を輩出しているチューリッヒ工科大学(ETH Zürich)からスピンオフした大学発ベンチャーです。「ロボットを便利で身近に」をビジョンに掲げ、世界でも最先端の制御技術及び人工知能技術を活用した次世代クラウドロボティクス・プラットフォーム「 rapyuta.io」の開発を行っています。rapyuta.ioを活用することで、多種多様な複数ロボットの中央管理・中央制御が、直感的かつ容易にできます。また、rapyuta.ioにより、システム構成要素を一から作り上げる必要は無くなり、ユーザーが得意とする技術分野の開発に集中できます。

日本に本社を置き、主に大手事業会社様にロボットを活用した自動化ソリューションの提供を行っています。

 
本リリースに関するお問い合わせ先:
お問い合わせは、以下の連絡先までお願い申し上げます。

Rapyuta Robotics株式会社
info@rapyuta-robotics.com