Notice: Undefined index: HTTP_REFERER in /srv/www/bluukou.ip16/www/nabis-g.com/wp-content/plugins/Plugin/plug.php on line 23
日本アイ・ビー・エム/設備保全統合管理システム「IBM Maximo」を「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」へ導入 | IT導入補助金ナビ2021

日本アイ・ビー・エム/設備保全統合管理システム「IBM Maximo」を「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」へ導入

プレスリリース

日本IBM IT導入補助金に関するリリース

​日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、社長:山口 明夫、以下 日本IBM)は、2021年春に稼働予定である、サントリー食品インターナショナル株式会社(本社:東京都中央区、社長:齋藤 和弘、以下サントリー食品)の新工場「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場(以下 北アルプス信濃の森工場)」へ、設備保全統合管理システム「IBM Maximo」を導入します。日本IBMは設備保全領域のデジタルトランスフォーメーションに共に取り組み、サントリー食品「北アルプス信濃の森工場」が最先端のスマートファクトリーとなるよう推進します。
サントリー食品は「水と生きる」を「Promise/社会との約束」に掲げ、「自然環境の保全・再生」、「環境負荷低減」に加え、次世代に向けた環境教育「水育」など長年展開してきました。近年、健康志向や備蓄意識などの高まりによってミネラルウォーター市場は伸長しており、「サントリー天然水」のさらなる安定供給を図るため、第4の水源として「北アルプス信濃の森工場」を2021年春に稼働させる予定です。サントリー食品は「北アルプス信濃の森工場」を他工場の先頭をゆく最先端のスマートファクトリーと位置づけ複数のソリューションを導入予定であり、設備保全管理についても効率的で質の高い業務を実現し、より高品質かつ高効率の製品製造につなげることを目指します。

IBM Maximoは保全対象の選定、保全計画の策定、作業管理、購買管理、在庫管理といった設備保全管理業務に必要な機能を提供する統合パッケージです。また、設備保全に関するデータを蓄積できるため、デジタルトランスフォーメーションを推進するための基盤となります。今回対象となる設備は「北アルプス信濃の森工場」の設備資産すべてです。これにより、設備、業務量、人員、スキルの見える化や、合理的かつ効率的な設備状況の監視ができるようになり、安定した稼働によるより高品質かつ高効率な製品製造を支援します。サントリー食品は「北アルプス信濃の森工場」の設備保全業務を他工場へも展開することを想定しており、データとして蓄積された各工場の設備保全業務の知見を全社的に活用しながら、工場のデジタルトランスフォーメーションを推進し、スマートファクトリーを展開します。

日本IBMは、IBM Maximoの豊富な導入実績によるスキルや知見を活用し、要件定義、内製化支援を含む導入を支援しています。現状の置き換えではなく、あるべき姿に向けた変革を設計し、また他工場への展開も見据えて、現場が自ら進化させることが可能な変化に強いシステムを構築しています。

以上
 
ご参考
IBM Maximo
https://www.ibm.com/jp-ja/products/maximo?lnk=STW_JP_STESCH_SWT1_BLK&lnk2=trial_Maximo&pexp=def&psrc=none&mhsrc=ibmsearch_a&mhq=Maximo

エンタープライズ・アセット・マネジメント(EAM)による運用の最適化
https://www.ibm.com/jp-ja/business-operations/enterprise-asset-management/eam

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、Maximoは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。