ククレブ・アドバイザーズ/【調査】企業経営戦略における「環境意識」「デジタル意識」についての考察

ククレブ・アドバイザーズ/【調査】企業経営戦略における「環境意識」「デジタル意識」についての考察

ククレブ・アドバイザーズ IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

CCReB AIでトレンド解析

 ククレブ・アドバイザーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:宮寺之裕)のシンクタンク部門であるククレブ総合研究所(以下「CCReB総研」)は、昨今各種媒体において目立ち始めた、「環境系ワード」と「デジタル系ワード」について、CCReB AIにて格納している2020年12月31日までに公表された約1700社の中期経営計画をクローリングした分析結果を以下のとおりまとめました。

 分析に当たっては、CCReB AIのAIエンジンに環境系ワードとして「低炭素」「脱炭素」「カーボンニュートラル」「再生エネルギー」などのワードを、デジタル系ワードとして「5G」「AI」「DX(デジタルトランスフォーメーション)戦略」などのワードをセットし、各業種がどの程度経営戦略として上記のワードを意識した経営戦略を掲げているかのトレンドを解析しました。

 まず、「環境系ワード」の業種別トレンドとして、多い社数順に、建設業(44社)、機械業(41社)、化学業(33社)、電気機器業(32社)、卸売業(31社)・・・・・、となりました。(全1696社中375社に出現)
 

ククレブ・アドバイザーズ/【調査】企業経営戦略における「環境意識」「デジタル意識」についての考察

 
 次に、「デジタル系ワード」に関しては、同様に、情報・通信業(68社)、電気機器業(64社)、銀行業(53社)、卸売業およびサービス業(各51社)、建設業(45社)、となりました。(全1696社中629社に出現)
 

ククレブ・アドバイザーズ/【調査】企業経営戦略における「環境意識」「デジタル意識」についての考察

 2020年は、コロナ感染対策への対応として、テレワークやWEB会議などの仕組みが大きく普及し、各企業がデジタル化の推進を経営戦略の上位に位置付ける動きが強くなりましたが、2021年は全世界的な動きとして「脱炭素」社会の実現に向けた動きが本格化しており、資本市場においても、これらの動きを先取りできている企業・業種の投資選別が一層進むものと思われ、上記ワードの業種毎の出現順位もトレンドを先取りできている業種と依然として対応が進んでいない業種を知る手掛かりとなるものと思われます。

 CCReB総研では、2021年も社会の大きな流れを自社のAIエンジンを活用し横断的に分析・解析を行い、トレンドを発信して参りますので、ご期待下さい。

 なお、業界動向分析支援サービス「CCReB Clip」では、上記分析のようにユーザーが分析したいワードを指定して、横断的に企業リストの作成が可能となり、トレンドの把握だけに留まらず、新規アプローチ営業への活用なども可能です。これにより、これまでのワード毎に指定しながら検索をかける非効率な作業から解放され、圧倒的な時間短縮による業務効率の向上が実現可能です。詳しくは下記リンクをご覧下さい。

(※)当社ホームページについて: https://www.ccreb.jp/
(※)CCReB AIについて:https://www.ccreb.jp/ccreb-ai/
(※)CCReB Clipについて:https://www.ccreb.jp/ccreb-clip1/

ククレブ・アドバイザーズ/【調査】企業経営戦略における「環境意識」「デジタル意識」についての考察

【ククレブ・アドバイザーズ株式会社・会社概要】
会社名 : ククレブ・アドバイザーズ株式会社
所在地 : 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町二丁目5番地 神保町センタービル
設立 : 2019年7月
資本金:2億円(資本準備金を含む)
代表取締役: 宮寺 之裕
事業内容 :①CREアドバイザリー業務、②AI・IoTを活用したCRE営業支援ツールの企画・開発・販売、③コンパクトCRE不動産投資・開発業務、等