digglue/建設業界におけるブロックチェーン活用に向けた実証実験を開始

digglue/建設業界におけるブロックチェーン活用に向けた実証実験を開始

digglue IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

品質管理の検査履歴を改ざんが困難な形で記録し、施工情報の信ぴょう性向上に寄与

 株式会社digglue(本社:東京都台東区 代表取締役CEO:原 英之、以下「digglue」)は、株式会社大林組(本社:東京都港区 代表取締役社長:蓮輪 賢治、以下「大林組」)の建設現場で利用されるコンクリート受入管理システムの検査データを、ブロックチェーン上に記録するシステム(以下 検査履歴管理システム)を開発しました。本取り組みは、大林組が推進する建設業界でのブロックチェーン活用に向けた実証実験のひとつとして位置づけられます。

digglue/建設業界におけるブロックチェーン活用に向けた実証実験を開始

1.背景
 近年、安全意識や環境意識の向上に伴い、他産業でトレーサビリティの取り組みが増えるなか、建設業では施工プロセスのさらなる透明性の確保が課題となっていました。大林組では、今までも改ざんを防止・検知する機能をコンクリート受入検査システムに実装していましたが、システムの脆弱性を突かれ外部からの攻撃によりデータを改ざんされるリスクがありました。そのため、新たにブロックチェーンの仕組みを利用し、建設現場での検査データの信ぴょう性をさらに高める取り組みに着手しました。

2.開発したシステムの概要
 今回開発した検査履歴管理システムは、建設現場のコンクリートを受け入れる際に、コンクリート受入検査システムへの測定値や写真などの検査データを記録し、検査履歴管理システムのデータベースにアップロードします。それと同時に、データのハッシュ値※をブロックチェーンに書き込みます。そして、コンクリート受入検査システムのデータから再作成したハッシュ値とブロックチェーン上のハッシュ値を突合し、一致すれば改ざんがないことを証明できます。一方、一致しなかった場合には、検査履歴管理システム上に記録された変更履歴とブロックチェーン上のハッシュ値を照らし合わせることで、改ざんが発生したタイミングを追跡することが可能となり、検査履歴の透明性の向上が期待できます。

■ コンクリート受入管理システムおよび検査履歴管理システムとブロックチェーンの関係

開発システム開発システム

 

■ 検査履歴管理システム画面(信ぴょう性確認時)

画面イメージ画面イメージ

※ハッシュ値:元になるデータから一定の計算手順により求められる固定長の値。ハッシュ値から元のデータを算出することが極めて困難であり、元データの変更によってハッシュ値が大きく変化するため、改ざん検出が可能。

3.今後の展開
 今回の実証実験によって、コンクリート受入検査システムを対象とした検査履歴管理システムの有効性が確認され、今後は建設現場内の様々なシステムのブロックチェーンとの連携も検討していきます。
 また、建設業界のブロックチェーン活用は品質検査以外にも、複数社間をまたいだ取引情報のデジタル化に対しても期待できます。digglueでは本システム開発と並行して、大林組による、協力会社との取引における納品や返却などの情報の共有化・突合作業の簡素化など、現場業務の平準化を目指したブロックチェーンの活用検討も支援しており、今後も建設業界のデジタル化や業務変革をさらに進める取り組みを推進していきます。

【会社概要】
■ 株式会社digglueについて
株式会社digglue(https://digglue.com/)は、「価値を発掘し、障壁を無くす」をミッションに、主に製造業に対して、ブロックチェーンやAI、IoTを活用したDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援しています。コンサルティングやシステム開発(https://consulting.digglue.com/)のほか、ブロックチェーンの活用事例やBaaS(Blockchain as a Service)の選び方を発信するメディア「BaaS info!!」(https://baasinfo.net/)を運営。また、ブロックチェーンの基本を学びたい方を対象にした無料のオンライン学習サービス「EnterChain」(https://enterchain.online/top)を提供しています。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社digglue
広報担当:原伶磨
メール:info@dgglue.com