デイアライブ/隠岐観光協会と連携し、隠岐地域全体のWeb・デジタル分野における観光人材を育成

デイアライブ/隠岐観光協会と連携し、隠岐地域全体のWeb・デジタル分野における観光人材を育成

デイアライブ IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

地域内の観光関連組織に、Web・デジタルマーケティング支援サービスSURGEを一斉導入

株式会社デイアライブ(代表取締役:今西建太/本社所在地:京都市)は、隠岐地域全体のWeb・デジタルマーケティング分野における観光人材の育成を目的に、隠岐観光協会と連携し、地域内の観光関連組織にWeb・デジタルマーケティング支援サービス SURGE(サージ)を一斉導入したことを発表します。

デイアライブ/隠岐観光協会と連携し、隠岐地域全体のWeb・デジタル分野における観光人材を育成

■隠岐諸島について
隠岐諸島は、島根半島の北方約80kmに位置し、大小約180を超える島で構成される群島で、島根県隠岐郡に所属しています。知夫里島(知夫村)・中ノ島(海士町)・西ノ島(西ノ島町)を島前(どうぜん)、隠岐の島町を島後(どうご)と呼び、4つの自治体から構成されています。地域内の観光協会も、知夫里島観光協会、海士町観光協会、西ノ島町観光協会、隠岐の島町観光協会、またそれらを束ねる隠岐観光協会の5つの組織があります。

デイアライブ/隠岐観光協会と連携し、隠岐地域全体のWeb・デジタル分野における観光人材を育成

■隠岐観光協会とのこれまでの取り組み
隠岐観光協会とは、2019年9月に、隠岐地域全体のWeb・デジタル活用力の向上と、各組織が個別に取り組んでいたWeb・デジタル関連施策の棚卸しを目的に、各観光協会および観光関連事業者を一堂に会して、Web・デジタルマーケティングに関するセミナー・ワークショップ・相談会を実施するなど、地域内のWeb・デジタル人材育成や組織の垣根を超えた施策のあり方について検討・支援を行ってきました。

■コロナ禍における新しい人材育成・支援の形
そして2020年、新型コロナウイルスの影響でリアルでの人材育成や支援が難しい中、オンラインでWeb・デジタルマーケティングを支援するSURGE https://surge.onl/ を活用し、隠岐観光協会が今後見据える観光地域づくり法人(DMO)設立に向け、隠岐地域全体のWeb・デジタルマーケティング分野における観光人材を育成・支援を実施することになりました。
通常のSURGEのプランでは組織ごとに契約・導入する必要がありますが、この取り組みでは隠岐観光協会を導入主体として、地域内の観光関連組織に一斉導入し地域全体を支援していきます。

■サービス利用組織
隠岐観光協会
(一社)隠岐ユネスコ世界ジオパーク推進協議会
(一社)隠岐の島町観光協会
(一社)西ノ島町観光協会
(一社)海士町観光協会
知夫里島観光協会
隠岐汽船株式会社

弊社では、隠岐地域はもちろん他地域においても、1組織にとどまらず地域全体のWeb・デジタル人材育成に取り組み、様々な地域のWeb・デジタル活用力の向上を目指していきます。

■メディアからのお問い合わせ先
株式会社デイアライブ(担当:川森)
pr@dayalive.jp


株式会社デイアライブ
本社: 京都市下京区五条通烏丸西入醍醐町290番地 京都烏丸五条ビル4階
代表取締役:今西建太
設立:2011 年 7 月
資本金:1,210 万円
事業内容:Webプロモーション事業・Webサービス事業
Web サイト:https://dayalive.jp/
*プレスリリースの内容・お問い合わせ先・その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合がありますので、ご了承ください。