AI CROSS/保険業界向けにSMS配信サービスを共同開発。新商品「飛脚(HIKYAKU)」の導入で業界内のDX化を後押し

AI CROSS/保険業界向けにSMS配信サービスを共同開発。新商品「飛脚(HIKYAKU)」の導入で業界内のDX化を後押し

AI CROSS IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

〜SMS配信のサービス開発力を活かし、業界大手 株式会社アドバンスクリエイトと共同開発〜

AI CROSS株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原田典子、AI CROSS)はこのたび、株式会社アドバンスクリエイト(大阪市中央区、代表取締役社長:濱田 佳治氏)とともに、保険業界における企業と顧客のコミュニケーションをより円滑に、活性化するため、テキストコミュニケーションシステム「飛脚(HIKYAKU)」を開発いたしました。なお、本サービスはアドバンスクリエイトにより、今後順次、保険業界向けに広く販売してまいります。
  • デジタル化が遅れる保険業界

保険商品は、専門用語や特有の表現を用いてやり取りされる特殊なサービスであり、顧客とのコミュニケーションにおいて、アナログ(紙DMなど)を脱することがなかなか難しい現状があります。他業界においては、チャットやSNSなど顧客にとって手軽に操作できるデジタルツールの導入が進むなか、そうした背景を持つ保険業界ではデジタル化の遅れに対し大きな課題を抱えています。しかし、コロナ禍によりデジタルシフトが急加速。時代に合わせたツール活用の必要性を感じ、弊社のSMS配信サービスをベースに、保険業界向けに顧客との新たなコミュニケーションツールを開発いたしました。

 

  • 飛脚(HIKYAKU)とは?

AI CROSS/保険業界向けにSMS配信サービスを共同開発。新商品「飛脚(HIKYAKU)」の導入で業界内のDX化を後押し

アドバンスクリエイトの取引先である多くの保険会社や代理店が、顧客に対してSMS等を発信するシステムです。これは、同社が保有する「共通プラットフォームシステム」(名称:Advance Create Cloud Platform 以下「ACP」)の機能の一部として提供されます。SMSなら素早く顧客とのテキストコミュニケーションが叶います。

さらに、アドバンスクリエイトが長年培ってきた保険特有の文書作成ノウハウを用いてお客様にアプローチすることも可能です。将来的には、同社の既存システムである「御用聞き」(顧客管理システム)など、ACPのその他のソフトウェアと連携し、SMS送信先の絞り込みや未着番号管理結果の自動反映などを実現する計画も立てられています。「飛脚(HIKYAKU)」導入により、同社パートナーの保険会社・代理店のサービス向上や業務効率を目指し、アドバンスクリエイトとの協力体制をより強固なものにしていきたいと考えています。     

 

【株式会社アドバンスクリエイト 会社概要】https://www.advancecreate.co.jp/
会 社 名:株式会社アドバンスクリエイト
代 表 者:代表取締役社長 濱田 佳治
所 在 地:大阪市中央区瓦町3-5-7 野村不動産御堂筋ビル
設 立  :1995年10月
事業内容:保険代理店事業、メディア事業、再保険事業、ASP事業、BPO事業、メディアレップ事業

 

AI CROSS/保険業界向けにSMS配信サービスを共同開発。新商品「飛脚(HIKYAKU)」の導入で業界内のDX化を後押し

【AI CROSS株式会社 会社概要】https://aicross.co.jp/
2015年の創業以来、「Smart Work, Smart Life」の理念のもと、テクノロジーで企業業務と働くヒトの生活をスマートにするため、ビジネスチャットサービス、メッセージングサービス、AI Analyticsサービスの企画・開発・提供を実施。2019年に東証マザーズ上場。
会 社 名:AI CROSS株式会社
代 表 者:代表取締役社長  原田 典子
所 在 地:東京都港区西新橋3-16-11愛宕イーストビル13F
設 立 :2015年3月
事業内容:・ビジネスコミュニケーションプラットフォーム事業
・メッセージングサービス開発・運営
・ビジネスチャットサービス企画・開発・運営
・AI Analyticsサービス企画・開発・運営