ファインディ/エンジニア採用プラットフォーム「Findy」 凸版印刷株式会社にて導入

ファインディ IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

凸版印刷株式会社のDX推進人財の採用を、ハイスキルエンジニア採用プラットフォームの「Findy」が支援

ファインディ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:山田 裕一朗、以下当社)は、凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)にて、当社が提供するエンジニア採用プラットフォーム「Findy」が導入されたことをお知らせいたします。

  • 導入企業:凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部 コミュニケーションデザイン本部 ビジネスマネジメント部 部長 梅本浩氏のコメント

凸版印刷は、中期的な経営課題の1つとして、企業のバリューチェーン全体におけるデータ活用・デジタル化により顧客企業の事業変革を支援する「トッパン・デジタルトランスフォーメーション(T-DX)」を推進しています。これまで製造現場や企業間調達等におけるDX支援ソリューションの開発や、先進的な技術をもつベンチャー企業への資本業務提携を行ってきました。ここ数年は顧客企業からの多くのDX化への引き合いも増え、データ基盤構築やデジタルマーケティング実行などさまざまなDX支援を行ってきました。これらの支援の強化や事業の拡大を加速させるために、開発組織の拡大と優秀な人財の獲得がますます重要になってきました。そのような状況で、創造性あふれるエンジニアを獲得するサービスとしてFindyの導入を決定いたしました。

Findyには、モダンなエンジニアが登録されていると紹介され、強い関心を持ちました。DX人財の採用活動においては、「凸版印刷」というブランドがうまく機能しきれていないという課題を持っていました。特にエンジニアにおいては、多様なDXニーズに対応できる幅広い人財の確保に苦慮していました。紹介いただいたFindyは、今どきのスキル・指向性を探りながら、アプローチすることができ、その反応を見ながら、これからの採用戦略にも活かすことができると感じました。我々の事業や活動を理解していただいた上で就業していただきたいので、「いいね」からのマッチングで、じっくりと情報交換しながら選考を進めたいと考えています。

※凸版印刷では、激しい環境変化を克服し、永続的な発展を目指す企業にとって「人」は「財産」であるとの考えから人材を「人財」と表しています。

  • ファインディ株式会社 代表取締役 山田 裕一朗のコメント

日本を代表するB2B企業である凸版印刷様に弊社のサービスをご利用いただき、大変嬉しく思っております。凸版印刷様がデータ活用・デジタル化による新事業を創出・拡大されることは、日本社会の様々な業界のDXが促進されることを意味します。
Findyを通してDXを推進するエンジニア採用の加速、ひいては各事業の拡大に貢献できればと思っております。
 

  • エンジニア採用プラットフォーム「Findy」について

「Findy」は2017年5月リリースのハイスキルなエンジニアと企業をマッチングする採用プラットフォームです。独自アルゴリズムを用いたスキル偏差値によるエンジニアスキルの見える化、登録企業の求人票改善や選考プロセス改善のハンズオン支援を通して、エンジニアと組織の間の壁を壊し最適なマッチングを実現しています。登録エンジニアはFindy Freelanceと合わせて30,000人を突破、登録企業数は約300社、DXを推進したい大手企業からスタートアップまで幅広い企業に導入していただいております。
サービスURL:https://findy-code.io/

【ファインディ株式会社について】
会社名:ファインディ株式会社 / Findy Inc.
所在地: 東京都品川区東五反田五丁目23番7号五反田不二越ビル6階
代表者: 代表取締役 山田裕一朗
資本金(資本準備金含む): 7億8692万円
URL : https://findy.co.jp/

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
ファインディ株式会社 広報担当
電話:03-6417-0199
メール:press@findy.co.jp