アイデミー/データ分析コンペティション「CIKM 2020 AnalytiCup – COVID-19 Retweet Prediction -」 アイデミー リサーチャーが3位入賞

アイデミー/データ分析コンペティション「CIKM 2020 AnalytiCup – COVID-19 Retweet Prediction -」 アイデミー リサーチャーが3位入賞

アイデミー IT導入補助金に関するリリース

AIに関する人材育成から実運用まで一気通貫で支援する株式会社アイデミー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 石川聡彦、以下「アイデミー」)は、2020年10月開催のデータ分析コンペティション「CIKM 2020 AnalytiCup – COVID-19 Retweet Prediction -」におきまして、当社社員の竹原大智が3位に入賞したことをお知らせいたします。

アイデミー/データ分析コンペティション「CIKM 2020 AnalytiCup – COVID-19 Retweet Prediction -」 アイデミー リサーチャーが3位入賞

「CIKM 2020 AnalytiCup – COVID-19 Retweet Prediction – 」は、国際会議CIKMで開催されたデータ分析コンペティションです。本年の課題は、新型コロナウイルス(CIVID-19)に関連するTweetのリツイート数予測でした。SNSにおけるCOVID-19における情報拡散のメカニズムの理解を目的としたこのチャレンジには、世界のアカデミアや企業の研究者200名以上が参加し、当社データサイエンスチーム マネージャー竹原大智が3位に入賞いたしました。アイデミーではメンバー一人一人が技術力や専門性の向上に努め、日々研鑽しております。今回の3位入賞はその結果を示すものであり、今後も人材育成を通じ、ユーザーの皆様への更なる価値の提供、企業のAI活用に寄与して参ります。

(ソリューションのレポートおよびコードの公開先)
・レポート

https://github.com/haradai1262/CIKM2020-AnalytiCup/blob/master/report/CIKM_analyticup_2020_d_takehara.pdf
・コード
https://github.com/haradai1262/CIKM2020-AnalytiCup
 

【竹原大智よりコメント】
SNS上での情報拡散は日本でも度々議論となりますが、特にCOVID-19のような危機的状況においては、情報の流動が社会に大きな影響を与えることは言うまでもありません。
2020年2月以降、COIVID-19が引き起こしたパンデミックを目の当たりにする中で、今回課せられたタスクは私自身非常に興味深く、参加への強い動機となりました。
本タスクには、深層学習によるアプローチを採用し、予測モデルを高精度に学習するためのいくつかの有効な特徴量抽出および変換を導入して取り組みました。このような成績を残すことができ、非常に嬉しく思います。

■プロフィール
竹原 大智(たけはら だいち) データサイエンスチーム リサーチャー
北海道大学大学院卒。
2019年より現職。教育サービスのデータを活用した研究開発に従事。

アイデミー/データ分析コンペティション「CIKM 2020 AnalytiCup – COVID-19 Retweet Prediction -」 アイデミー リサーチャーが3位入賞

【CIKM2020とは】
CIKM(29TH ACM INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATION AND KNOWLEDGE MANAGEMENT)は、将来の知識と情報システムにおける研究を共有し、議論を深めることでその方向性を形作ることを目的として1992年に設立されました。以来、データベース管理、情報検索、知識管理をテーマとした研究のプレゼンテーションやディスカッションが積極的に行われています。

■開催期間
2020/10/19 ~ 2020/10/23

■CIKM 2020 AnalytiCup 
 2020/07/20 ~ 2020/08/31

■公式URL
・CIKM2020:
https://www.cikm2020.org/index.html
・CIKM AnalytiCup
https://data.gesis.org/covid19challenge/

【アイデミーではリサーチャー、データサイエンティストを募集しています】
当社のリサーチャー、データサイエンティストは、お客様により良いサービスを提供するため、今回のような取り組みを通して日々先端技術の調査および研究を行っております。

 

〈 採用に関する詳細はこちらをご覧ください。〉
 ・リサーチャー
  https://hrmos.co/pages/aidemy/jobs/1000020
 ・データサイエンティスト
  https://hrmos.co/pages/aidemy/jobs/1000021

【株式会社アイデミー】
株式会社アイデミーは「先端技術を、経済実装する。」を企業理念とする、2014年創業のベンチャー企業です。
2017年12月に「10秒で始めるAIプログラミング学習サービスAidemy」をリリースし、サービス開始約2年半で登録ユーザー数8.5万人を突破した日本最大級のAI学習オンラインサービスとなりました。
現在では個人向けに留まらず法人向けにもサービスを展開しており、企業のAIプロジェクト内製化に向け、教育研修から事業定義・試作品開発・実運用まで一気通貫でご支援しております。こうした事業を通じて、「先端技術が社会実装されるまでの壁」を取り除くべく尽力して参ります。
 

株式会社アイデミー 代表取締役社長 石川 聡彦株式会社アイデミー 代表取締役社長 石川 聡彦

【Aidemyの概要】
Aidemyはサービス開始約2年半で登録ユーザー数8.5万人を突破した日本最大級のAI学習オンラインサービスです。 https://business.aidemy.net/?utm_source=press&utm_content=200701
1.10秒で演習開始 – PCへの環境構築は不要で、インターネットブラウザ上でプログラミングができます。
2.今話題の技術を習得可能 – ディープラーニングや自然言語処理など、いま話題の技術を習得できます。
3.無料から始められる – 一部の講座は完全無料にてご受講いただけます。

Aidemyの演習画面の例:コードを書きながら学習する問題Aidemyの演習画面の例:コードを書きながら学習する問題

 

Aidemyの演習画面の例:Aidemy Business 利用者向けの管理画面Aidemyの演習画面の例:Aidemy Business 利用者向けの管理画面

【株式会社アイデミー概要】
会社名:株式会社アイデミー
所在地:東京都千代田区神田小川町1-1 山甚ビル3F
代表者:代表取締役社長 石川 聡彦
設立:2014年6月
URL:https://aidemy.co.jp/  
株主:経営陣, 東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC), Skyland Ventures, 大和企業投資, ダイキン工業,
テクノプロ, 東京大学協創プラットフォーム開発(東大IPC), 千葉道場ファンド, 個人投資家
事業内容:AIに強い人と組織体制を構築するためのクラウドソリューション「Aidemy」の提供

プレスキット:https://aidemy.co.jp/news/

アイデミー/データ分析コンペティション「CIKM 2020 AnalytiCup – COVID-19 Retweet Prediction -」 アイデミー リサーチャーが3位入賞