一般社団法人 CDO Club Japan/「Japan CDO of The Year 2020」味の素株式会社代表取締役副社長執行役員CDO福士 博司氏に決定

一般社団法人 CDO Club Japan/「Japan CDO of The Year 2020」味の素株式会社代表取締役副社長執行役員CDO福士 博司氏に決定

一般社団法人 CDO Club Japan IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

CDO(最高デジタル・データ責任者)

CDOのグローバルコミュニティであるCDO Club Japanは、2020年12月1日(火)CDO Summit Tokyo 2020 Winterにおいて、Japan CDO of The Year 2020を味の素株式会社代表取締役副社長執行役員CDOである福士 博司氏に決定し、同日発表をいたしました。
一般社団法人CDO Club Japan(代表 加茂 純) は、当団体のミッションの一つである「最高デジタル責任者(CDO)という役割の認知と普及」に貢献した個人を表彰する「Japan CDO of The Year 2020」について、Japan CDO of The Year 2020選考委員会にて、受賞者を上記の通り決定いたしました。2020年12月1日(火)CDO Summit Tokyo 2020 Winterにおいて、発表し、表彰式を実施いたしました。
 

一般社団法人 CDO Club Japan/「Japan CDO of The Year 2020」味の素株式会社代表取締役副社長執行役員CDO福士 博司氏に決定

CDO of The Year(グローバル)について

CDO Club(米国)では、2013年より、毎年CDO of The Yearを開催。2013年は、オバマ氏の大統領就任に当たり、「WhiteHouse.gov」の作成を担当したTeddy Goff氏。2015年は、スターバックスのCDOのAdam Brotman氏、2017年は、IBMのGlobal Chief Data OfficerのInderpal Bhandari博士などが受賞しています。また、オーストラリアのナショナルラグビーリーグのCDOや英国政府のCDO、ニューヨーク市のCDOなど様々な組織のCDOが受賞しています。

http://cdoclub.com/

選考委員について(敬称略)
神岡 太郎(一橋大学商学研究科 教授 / 一般社団法人CDO Club Japan顧問)
森川 博之(東京大学 大学院工学系研究科教授)
加茂 純 (一般社団法人CDO Club Japan 代表理事)
一般社団法人CDO Club Japan 理事会
CDO Club global CDO of The Year committee

Japan CDO of The Year 2020 受賞者概略
Japan Chief Digital Officer of The Year 2020(最高デジタル責任者賞)
味の素株式会社代表取締役 副社長執行役員 CDO
福士 博司 氏

一般社団法人 CDO Club Japan/「Japan CDO of The Year 2020」味の素株式会社代表取締役副社長執行役員CDO福士 博司氏に決定

プロフィール
北大工学院化学工学修士(1984)同年、味の素株式会社入社。アミノ酸事業を中心に技術畑を経験。E-ラーニングで MBA、PhD(Business)を取得後、ヘルスケアを主体とした事業畑に転向し、専務執行役員アミノサイエンス事業本部長時代に事業改革を実行。現在は、代表取締役副社長、CDOとして全社のデジタルトランスフォーメーションを推進中。 2000%ソリューション(和訳)、We Will Make the World Green、 An Approach to the Environmentally Sustainable Businessなどの著者。

受賞理由
2019年6月より同社の副社長CDOとして同社のデジタルトランスフォーメーションを急速に押しすすめ、長期的なDXのビジョンだけでなく、活動全体を評価基準やKPIなども設置して全社的な活動として牽引し、同社だけでなく、追随する他の企業にとっても模範的なDXの推進方法であると評価。
また、上記手法やDXに関連する各情報をCDO Club Japanだけでなく、惜しみなく広く社会にも発表するなどの行動は、CDOという役職の認知・普及に多大なる貢献であると認めJapan Chief Digital Officer of The Year 2020として表彰。