onetap/ソフトウェア管理クラウド「LOCKED」、クラウド人材マネジメントシステム「カオナビ」とAPI連携機能の提供を開始

onetap/ソフトウェア管理クラウド「LOCKED」、クラウド人材マネジメントシステム「カオナビ」とAPI連携機能の提供を開始

onetap IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

ソフトウェア管理クラウド「LOCKED」とクラウド人材マネジメントシステム「カオナビ」がSAML認証によるAPI連携機能の提供を開始した事をお知らせします。

株式会社onetap(本社 東京都目黒区、代表取締役 武田義基)が提供するソフトウェア管理クラウド「LOCKED」は、株式会社カオナビ(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:柳橋 仁機)が提供するクラウド人材マネジメントシステム「カオナビ」とAPI連携機能の提供を開始したことを正式にお知らせ致します。

onetap/ソフトウェア管理クラウド「LOCKED」、クラウド人材マネジメントシステム「カオナビ」とAPI連携機能の提供を開始

連携の概要
今回のAPI連携により、『LOCKED』が提供している多要素認証の機能、シングルサインオンの機能を「カオナビ」へと簡単に組み込む事が可能となります。『LOCKED』では、従業員の方が扱うポータル画面から、1クリックで「カオナビ」へログインする事が出来るようになります。
昨今、新型コロナウィルス感染症の感染拡大を踏まえ、DXによるSaaSの採用やテレワークの推進など急速に労働環境が変化しています。そのような環境でも「LOCKED」によりセキュリティなど管理体制を強化しながら、より一層効率的に「カオナビ」をご活用頂けます。

onetap/ソフトウェア管理クラウド「LOCKED」、クラウド人材マネジメントシステム「カオナビ」とAPI連携機能の提供を開始

尚、今回の連携と共にonetapは、「カオナビ コネクテッドパートナープログラム」に参画します。当社は、今後も有力サービスとの連携強化に努め、クラウドサービスにまつわる管理の手間やセキュリティ上の懸念を払拭してまいります。

・設定方法の詳細:https://support.kaonavi.jp/function-admin/sso/locked
・カオナビ コネクテッドパートナーの一覧:https://www.kaonavi.jp/connectedpartner/

■クラウド人材マネジメントシステム「カオナビ」について
「カオナビ」は、顔写真が並ぶシンプルな画⾯で⼀元化された⼈材情報をクラウド上で簡単に共有できるプラットフォームです。社員の顔や名前、経験、評価、スキル、才能などの⼈材情報を⼀元管理して可視化することで、最適な⼈材配置や抜擢といった⼈材マネジメント業務をサポート。あらゆる⼈材マネジメントの課題を解決し、企業の働き⽅改⾰を実現するHR テクノロジーサービスとして、業種・業態を問わず約1,800社※の経営者や現場のマネジメント層に選ばれています。※2020年3月末日現在
・公式サイトURL: https://www.kaonavi.jp/

■ソフトウェア管理クラウド「LOCKED」について
企業が業務で扱う様々なシステムを連携し、シングルサインオン・多要素認証・アクセス管理・端末管理・アプリケーション管理等を一括で提供します。それらを要望に合わせて組み合わせる事で、お客様毎に最適な形でセキュリティ・生産性・コスト効率の両立を最大化します。
現在テレワークやDXの流れからクラウドサービスを契約したものの、管理体制が整備できていない・管理のリソースが不足している企業様を中心に幅広い業界の従業員規模数百名の企業様を中心にご導入頂いております。
・公式サイトURL: http://locked.jp/