ボーンレックス/【withコロナ】飲食店DX化支援プラットフォーム「オシテン」に薬膳火鍋専門店「天香回味」が加盟

薬膳火鍋のスープ

ボーンレックス IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

これまでECを使ってこなかった「天香回味」が「オシテン」を通して遂に同店の味をご家庭にお届け

飲食店DX化支援プラットフォーム「オシテン」(運営:株式会社ボーンレックス、東京都江東区、代表取締役:室岡拓也)に、2020年10月1日(木)より薬膳火鍋専門店「天香回味(テンシャンフェイウェイ)」(運営:株式会社ナチュラルフード、東京都中央区、代表取締役:和田孝博)が加盟します。今回の加盟をきっかけに、株式会社ナチュラルフードは天香回味の人気商品である火鍋スープをお取り寄せできるよう商品開発予定です。
  • 「オシテン」加盟の背景と目的

薬膳火鍋のスープ薬膳火鍋のスープ

 

具材例具材例

オシテンはサービス(β版)開始以降、コロナ禍で苦境に立つ飲食店とそのファンの方々の繋がりを守るサービスを提供してきました。外食市場の調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」が、発表した外食市場調査*によると、4-7月の外食市場規模は前年同期比-59.7%となっている一方、中食市場規模は前年同期比+23.7%となっています。今後もコロナ禍の影響は長引くとみられており、店舗での飲食以外で飲食店と消費者とがつながるサービスの需要の高まりがより一層見込まれます。

今回の加盟により、withコロナの時代においても、天香回味はファンの方々へ同店スープ販売という新たな形でサービスすることが可能となり、さらには、新規ファン獲得の機会を得ることにもなります。

 

*参照元:「コロナ禍での市場と消費者意識の変化、外食産業に求められる変革」イベント資料 2020年9月15日
 

  • 天香回味とは

天香回味は台湾に本店があり、東京に8店舗(本日現在)がある薬膳火鍋の専門店です。数十種類もの天然の植物エキスを抽出し、素材の味すべてを引き出したスープは、タレを必要とせず、食材を入れて煮るだけでそのまま食べることができます。薬膳の成分が体に吸収され、滋養強壮や美容にも良く、これまで数多くのファンを獲得してきました。天香回味鍋のスープの製法は秘法中の秘法とされ、代々子孫にのみ伝えられてきました。今回、そのスープが初めてオシテンを通じて自宅で味わえることになります。
 

  • オシテンとは

オシテンのしくみオシテンのしくみ

オシテンを利用することで、飲食店と消費者が「来店」以外の方法で繋がることが可能です。
まず、サポーターが飲食店を応援するためのポイントをオシテンのWebサイト内で購入し、気に入った飲食店へポイントを付与します。そしてポイントを付与した飲食店からは「オキモチ」を受け取ることができます。オキモチには、オンライン料理教室や、秘伝のレシピ公開などを飲食店側で自由に設定できるため、飲食店による提供価値に新たな可能性が広がります。一方で飲食店はポイント分の応援を受け取ることができます。
サポーターにとっては飲食店のさらなる魅力に気付くチャンスが、飲食店にとってはサポーターをはじめとしたお客様をより笑顔にするチャンスが手に入るしくみです。

今後もオシテンはコロナ禍における飲食店とファンの繋がりの維持・創出に邁進し、「食」にわくわくできる世界を実現することで、飲食店市場の発展に寄与してまいります。

サイトURL:https://oshiten.com/
飲食店利用申込フォーム:https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=bCHkJVMWo0611ReilOq4_ueGpVjXSm1ElCFLl2MVsUVUMTZTOENKMkVOUTBYMlFYMlFXWldPM1RTTy4u

 

  • 【運営会社 株式会社ボーンレックスとは】

ボーンレックス/【withコロナ】飲食店DX化支援プラットフォーム「オシテン」に薬膳火鍋専門店「天香回味」が加盟

当社のミッションは「『自分の人生を生きる』が当たり前の世の中を創る」。
個人起業家のみならず大企業の新規事業支援まで幅広く事業化支援を行い、あらゆる人の想いをカタチにしている。事業化にコミットすることを強みとし、事業化を伴走型で支援するのみならず、クライアントの代わりに自社リソースで事業を立ち上げ、クライアントに売却する事業の代理出産モデルまでも提供する。 数々の新規事業を立ち上げてきた経験を活かし、起業家や挑戦者たちと同じ目線、時には、視座を引き上げて、ビジネスを共に築き上げることを目指している。

※記載されている会社名およびプロジェクト名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。