ブレーン・アシスト/脆弱性スキャンサービスのニューノーマル「Site-Audit EX」を発売

ブレーン・アシスト/脆弱性スキャンサービスのニューノーマル「Site-Audit EX」を発売

ブレーン・アシスト IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

〜 「攻める」セキュリティ。サーバ運用をより安全に! 〜

ブレーン・アシスト株式会社(本社:埼玉県川口市、代表取締役:徳澄 範光、主な事業:中小企業のDX化支援)は、脆弱性スキャンサービスを、11月24日よりリニューアルしました。
サービス説明サイト:https://www.brainassist.com/service/security.html

ブレーン・アシスト/脆弱性スキャンサービスのニューノーマル「Site-Audit EX」を発売

■Site-Audit EXの特徴

 

「迅速」かつ「低コスト」でサーバのセキュリティ上の問題点を洗い出す事を目的としたプラットフォーム診断とWebアプリケーションのセキュリティ上の問題点を洗い出す事に特価し、「低コスト」を実現したアプリケーション診断の両方をセットにしたプランです。オンプレミスのサーバのみならず、クラウド上のサーバも診断することが可能です。

 

ブレーン・アシスト/脆弱性スキャンサービスのニューノーマル「Site-Audit EX」を発売

 ■Site-Audit EX誕生の背景

従来、脆弱性診断は、プログラム開発の納品前に実施することが大半でした。現在は、プログラム修正などの度に、実施することが難しく、ほとんどが脆弱性診断をしていない状況ではないでしょうか。

脆弱性は、日々、新しいものが発見されており、脆弱性診断を定期的に短いスパンで実施することが必要になっています。ただ、コストもかさむため、現実的ではないとあきらめてしまっていないでしょうか。

そこで、自動化することで、コストを極力削り、しかも回数での制限なので、複数のサーバでも診断ができ、無駄なコストを最小限に抑えることが可能な脆弱性スキャンサービス「Site-Audit」をリリースしました。

 

 

 

ブレーン・アシスト/脆弱性スキャンサービスのニューノーマル「Site-Audit EX」を発売

 ■Site-Audit EXの使い方・利用シーン

1. 提供しているWebサービスにおけるセキュリティ設定の不備を発見したい。
2.クラウドのサーバを利用しているが、セキュリティ上の設定がきちんとされているのか確認したい。
3.不正アクセスによるアタックからのサーバのセキュリティリスクを確認したい。

ブレーン・アシスト/脆弱性スキャンサービスのニューノーマル「Site-Audit EX」を発売

■サービス費用 :4回まで(IP無制限)¥500,000円/月(税別)~

※極力無駄なコストが発生しないように、IPアドレス数やURL数による制限は
ございませんので、ご契約の回数の範囲内で、複数のサイトでの診断も可能です。

サービス説明URL https://www.brainassist.com/service/security.html

■ブレーン・アシスト株式会社について

中小企業のDX化支援をミッションに、頑張って22期目を営業中の会社です。

<会社概要>

代表者:代表取締役 徳澄範光
所在地:埼玉県川口市栄町3-3-13 汐風ビル3F
設立:1999年4月
資本金:1,000万円
従業員数:16名(2020年10月現在)
事業内容:中小企業のDX化支援

URL:https://www.brainassist.com/