AI Samurai/AI SamuraiのCEO⽩坂が、11⽉30⽇ 経済産業省 九州経済産業局 × DMM.make AKIBA「Next Innovators Pitch」のセミナーに登壇し ます!

AI Samurai/AI SamuraiのCEO⽩坂が、11⽉30⽇ 経済産業省 九州経済産業局 × DMM.make AKIBA「Next Innovators Pitch」のセミナーに登壇し ます!

AI Samurai IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

セミナー講演「ホスピタリティ産業のためのwithコロナ知財戦略」

経済産業省 九州経済産業局 ×「DMM.make AKIBA」で開催されるオンラインイベント「Next Innovators Pitch」において、AI特許類似文献評価システム『AI Samurai®』を開発・販売する株式会社AI Samurai株(エーアイサムライ、本社:東京都千代田区 以下(株)AI Samurai)の代表取締役社長CEOの白坂一が、セミナー講演「ホスピタリティ産業のためのwithコロナ知財戦略」に登壇いたします。

 

AI Samurai/AI SamuraiのCEO⽩坂が、11⽉30⽇ 経済産業省 九州経済産業局 × DMM.make AKIBA「Next Innovators Pitch」のセミナーに登壇し ます!

(※画像は公式サイトより引用しております)

 

■「Next Innovators Pitch」について
DMMは2019年より「DMM 地方創生」として地方創生事業に参入しており、「事業創出企業として地域に貢献する持続可能な事業を生み出す」をミッションに、展開する40以上の事業を通じてこれまでに培ってきたノウハウ・専門人材・ネットワークを活用した事業企画を地域ごとの課題に応じて提供しています。
この度は地方創生事業の一環として、モノづくりとイノベーションに関する知見を蓄積してきた「DMM.make AKIBA」を通じ、withコロナ時代の九州圏の飲食業・小売業をはじめとするホスピタリティ産業の発展を目的にオンラインイベント「Next Innovators Pitch」を開催する運びとなりました。
新型コロナウイルス感染拡大に伴う行動自粛から、飲食業や小売業、宿泊業などのホスピタリティ産業は大きな影響を受けています。新しい生活式が求められるwithコロナ時代に、ホスピタリティ産業にはテクノロジーを活用した新たなソリューションが必要とされています。

■「Next Innovators Pitch」 概要
名称      :「Next Innovators Pitch」
主催      :経済産業省 九州経済産業局
企画運営:合同会社DMM.com / DMM.make AKIBA
日時      :2020年11月30日(月)14: 00〜16: 30
参加費   :無料
形式      :オンライン
定員      :100名
               ※申込者多数の場合は人数制限させていただく可能性がございます。予めご了承ください。
対象      :卸売・小売業者、宿泊業者、飲食業者、商業者施設を運営する事業者、
               スタートアップとの事業提携を希望する事業者、ベンチャーキャピタル、
               コーポレートベンチャーキャピタル等投資機関
               ※九州圏以外からの参加も可能です。
視聴方法:①下記詳細ページより必要事項を記入し申込。
               ②登録したメールアドレスに後日視聴用URLが送付されます。
申込締切:2020年11月27日(金)17:00
詳細      : https://nextinnovators-pitch201130.peatix.com

【当日スケジュール】
14:00~14:05 オープニング
14:05~14:10 経済産業省 九州経済産業局 ご挨拶
                          [経済産業省 九州経済産業局 地域経済部 新産業戦略課 課長 黒木 肇 氏]
14:10~15:55 スタートアップピッチ
16:00~16:30 セミナー「ホスピタリティ産業のためのwithコロナ知財戦略」
                           [株式会社AI Samurai 代表取締役社長/特許業務法人白坂 創業弁理士 白坂 一 氏]

■DMM.make AKIBAについて
DMM.make AKIBAは、約5億円を投資し揃えたハードウェア開発用機材と、技術やビジネス面でサポートするスタッフ備えた日本最大級のコワーキングスペースを中心とした新たなモノづくりやビジネスに挑戦するイノベーターを支援する事業課題解決型プラットフォームです。現在スタートアップ150社を含む600社、4,000名以上の会員が活動しています。
ハードウェア開発・試作に必要な最新の機材を取り揃えたモノづくりの拠点「Studio」、コワーキングスペースやイベントスペース、会議室として利用できるビジネスの拠点「Base」で構成された、ハードウェア開発をトータルでサポートする総合型のモノづくり施設です。この施設を中心に、さまざまな事業課題を持つスタートアップや企業が集い、課題解決コミュニティを形成しています。

■経済産業省 九州経済産業局について
経済産業省九州経済産業局は、経済産業省の出先機関の一つで九州7県に対し経済産業省政策を実施しています。少子高齢化に伴う地域経済の縮小や経済のグローバル化に加え、今般の新型コロナウイルス感染拡大に伴う人々の価値観の変化など、様々な環境変化への対応を迫られる地域企業に対して、地域の特性を活かした新たな製品・サービスの開発や、若手後継者による新事業展開、多様な人材の確保・育成、海外の成長市場を含めた国内外への販路拡大などを支援しています。

■(株)AI Samuraiについて
大阪大学発のベンチャー企業である(株)AI Samuraiは人工知能を活用したAI特許類似文献評価システム『AI Samurai®』の開発・販売しています。『AI Samurai®』は特許庁が公開する特許公開公報と特許公報をデータベース化し、類似する先行技術の事例から出願予定の特許の登録が成立する可能性をランク別に評価するAI特許調査システムです。従来、数週間を要していた先行技術調査が数分で可能になる斬新なプロダクトとして2019年3月に第4回「JEITAベンチャー賞」(電子情報技術産業協会)を受賞しています。また初めて使用する方でもすぐに操作できる直感的なインターフェイス、AIを擬人化したキャラクターについて2019年のグッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しています。

特許庁『知財インテリジェンスサービス』において無料版を体験することができます。
特許庁『知財インテリジェンスサービス』
URL:  https://www.jpo.go.jp/support/general/ip-intelligence/intro-10.html
製品紹介:https://aisamurai.co.jp/landingpage/

AI Samurai 代表取締役社長CEO 白坂一
防衛大学校 理工学部 卒業。機械学習による画像処理の研究で横浜国立大学院 環境情報学府 修了。
富士フイルム知的財産本部に8年間在籍。
その後、特許業務法人白坂を設立、米ナスダック上場のビッグデータ解析企業の関連会社の社長を兼任。
2015年に株式会社AI Samurai(旧ゴールドアイピー)を創業。
特許業務法人白坂 創業者、弁理士、国家試験知的財産管理技能検定委員、経済産業省Healthcare Innovation Hubアドバイザー
北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 博士課程後期