シーラベル/「導入事例」活用の最新動向がわかるマーケティング専門メディア『導入事例活用ナビ』をリリース。

シーラベル/「導入事例」活用の最新動向がわかるマーケティング専門メディア『導入事例活用ナビ』をリリース。

シーラベル IT導入補助金に関するリリース

株式会社シーラベル(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:渡辺敬吾)は、ビジネス課題を抱える企業がDX事例から解決策(サービス)を探せる、国内最大級のDX事例プラットフォーム「シーラベル」を運営しております。
2020年11月12日(木)、法人向けサービス提供企業のマーケター向けに、導入事例活用のノウハウや最新動向を発信するメディア「導入事例活用ナビ」をリリースしました。
メディアURL: https://marketing.clabel.jp/

シーラベル/「導入事例」活用の最新動向がわかるマーケティング専門メディア『導入事例活用ナビ』をリリース。

■メディア立ち上げの背景
BtoB商材の成約を高める手法のひとつが導入事例です。導入を後押しするコンテンツとしてホームページに掲載されることが多くなっていますが、思うようにPVが伸びず、「読まれないコンテンツ」になっているケースも少なくありません。
「読まれる導入事例の作成方法がわからない」「導入事例をうまく活用できていない」「そもそもBtoBマーケティングって何からはじめたら良いかわからない」といったマーケターにとって、少しでも役に立つ情報を提供したいと考えメディアを立ち上げました。

■「導入事例活用ナビ」でできること
(1)専門家執筆によるノウハウ記事を読める
「導入事例の書き方」、「事例インタビューのポイント」といったテーマの、専門家が執筆したノウハウ記事を読むことができます。今後は、導入事例を活用して成果を上げた企業のインタビュー記事を掲載してまいります。

(2)お役立ち資料を無料でダウンロードできる
「導入事例の構成テンプレート」「導入事例インタビュー50の質問集」など、導入事例の作成や活用において役立つ資料を無料でダウンロードすることができます。

(3)リード獲得の機会を知れる
シーラベルでは、「DX事例 合同ウェビナー」を定期的に開催しております。導入事例(ユーザー事例)を活用したリード獲得機会について、最新情報をお知らせします。

■ DX事例プラットフォーム「シーラベル」について
「導入事例活用ナビ」はDX事例プラットフォーム「シーラベル」の編集部が運営するメディアです。
DX事例プラットフォーム「シーラベル」は、ビジネス課題を抱える企業が、DX事例から課題を解決するサービスを探すことができる国内最大級のDX事例プラットフォームです。DX事例から、企業の課題を解決するITサービス、セキュリティ、委託サービスなどを探すことができます。
一方で、法人向けサービスを提供している企業は、事例を掲載することでターゲット企業を集客することができます。また、業界誌や専門誌などメディアへの事例記事の配信によって、より認知の拡大を実現することができます。
サービスURL:https://clabel.jp/

■ 会社概要
社名:株式会社シーラベル
所在地:神奈川県横浜市神奈川区栄町5−1 横浜クリエーションスクエア 14階
代表取締役:渡辺 敬吾
事業内容: DX事例プラットフォーム「シーラベル」の運営
設立:2019年10月30日
企業URL:https://clabel.co.jp/
※記載情報は、発表日現在のものです。情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
担当:株式会社シーラベル 渡辺敬吾
メール:pr@clabel.co.jp