ボンド/日本語学校及び大学などの教育機関向けに日本語能力向上を目的とした法人向けオンライン日本語教育プラットフォームを提供

ボンド/日本語学校及び大学などの教育機関向けに日本語能力向上を目的とした法人向けオンライン日本語教育プラットフォームを提供

ボンド IT導入補助金に関するリリース

ボンド株式会社(代表取締役社長:住吉 良介、本社:東京都新宿区、以下、弊社)は、オンライン日本語プラットフォーム「BondLingo」のサービスのアップデートに伴い、日本語学校及び教育機関向け、技能実習生などを抱えている監理団体向けにLMS機能(E-ラーニングシステム)をリリース致しますことをお知らせ致します。
新型コロナウィルスの影響により、オンライン教育の需要が高まっている中、外国人を雇用する法人様における最大の課題として日本語能力があげられます。

ボンド/日本語学校及び大学などの教育機関向けに日本語能力向上を目的とした法人向けオンライン日本語教育プラットフォームを提供

日本語ができないがために職場で問題を抱えているケース、採用までに至らないケースがありそこの課題をオンラインで解決するべくプラットフォームを立ち上げました。
企業様のDX(デジタルトランスフォーメーション)支援も行っており、オンラインでできる部分とオンラインでできない部分を明確化し、オンライン教育とオフライン教育の共存を目指します。

<お問い合わせ>
会社名 : ボンド株式会社
URL : https://bond-co.jp/
Mail : info@bond-co.jp
TEL : 03-4361-0345

■レッスン動画登録機能
講師が撮影した授業動画についても投稿ができるようになったため、講師が行った授業を繰り返し視聴できるプラットフォームとしてもご利用いただけるようになりました。
スマートフォンなどで撮影した動画をそのまま法人アカウントへアップロードが可能です。
動画データはすべてクラウド上でセキュリティ高く保存されております。

■テスト機能
授業動画受講後の理解度チェックとして学習者が受けることができる小テストも、動画毎に講師側で作成することができるようになりました。

■レポート機能
従来の紙ベースで行われていた宿題やレポートをオンラインで完結できるようになっております。問題や課題を登録し指定したクラスへ配布が可能となっております。
採点も自動で行われます。

■予約システム(Zoom API連携)
Zoomでのオンライン教育が主流となった昨今で、我々のシステム上で、レッスン登録、予約、レッスン開始、フィードバックがワンストップで可能となっております。従来のリンクをシェアしてその時間にZoomを立ち上げるなどの手間がありません。

ボンド/日本語学校及び大学などの教育機関向けに日本語能力向上を目的とした法人向けオンライン日本語教育プラットフォームを提供

■その他機能

  • 社内SNS機能
  • チャット機能
  • 学習者進捗管理機能
  • 出席管理
  • JLPT教材標準搭載
  • 特定技能教材標準搭載

・ご紹介ページ
https://bond-co.jp/business

・サービスページ
https://bondlingo.tv/

●対象:留学生がいる日本語学校、専門学校、大学等の教育機関、監理団体、人材企業
●必要環境:Wi-Fiなどのオンライン環境とパソコンやスマートフォンなどの教材を視聴できる端末

■ボンド株式会社 会社概要
会社名 : ボンド株式会社
URL : https://bond-co.jp/
本社 : 東京都新宿区
代表取締役: 住吉 良介
設立 : 2016年12月
Mail : info@bond-co.jp
TEL : 03-4361-0345