スパイダープラス/全国700社が導入する建設Techスパイダープラス社名変更のお知らせ

スパイダープラス/全国700社が導入する建設Techスパイダープラス社名変更のお知らせ

スパイダープラス IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

スパイダープラス株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:伊藤謙自)は、2020年11月1日より社名を「株式会社レゴリス」から「スパイダープラス株式会社」に変更いたします。

スパイダープラス株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:伊藤謙自)は、2020年11月1日より社名を「株式会社レゴリス」から「スパイダープラス株式会社」に変更いたします。

当社が主力事業として展開するクラウドサービス「SPIDERPLUS(スパイダープラス)」と社名を統一することにより、一層サービスの普及を目指すものです。

スパイダープラス株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:伊藤謙自)は、2020年11月1日より社名を「株式会社レゴリス」から「スパイダープラス株式会社」に変更いたします。

当社が主力事業として展開するクラウドサービス「SPIDERPLUS(スパイダープラス)」と社名を統一することにより、一層サービスの普及を目指すものです。
 

スパイダープラス/全国700社が導入する建設Techスパイダープラス社名変更のお知らせ

新社名:スパイダープラス株式会社
代表取締役 伊藤 謙自

ロゴに込められた思い
私たちは、お客様と同じ視点に立ち、寄り添い、志を尊重し、お互いの意見を混ぜ合わせたプロダクトを通じて、一つ一つのモノを作り上げていくことを大切にしています。
お客様が私たちをパートナーと感じるように私たちもお客様をパートナーと捉え、一体となり、仲間となり、業界を変えていきます。

SPIDERPLUSとは
現場管理・図面情報共有アプリ『SPIDERPLUS(スパイダープラス)』は、多くの図面データをタブレットで一括管理、情報共有に加え、電子黒板付写真も撮影ができるなど、現場にいながら写真整理やメモ作成が可能なアプリケーションです。また、検査記録結果を簡単に帳票出力することができ、従来の現場管理業務の作業時間を大幅に削減することが可能になります。さらに、建築工事向け・電気設備工事向け・空調衛生工事向けの様々なオプション機能によって、各業種、工程に合った利用も可能です。
現在、主にゼネコン・サブコンなどの建設業を中心に導入が広がり、現在700社を超える企業が利用しています。

現場管理・図面情報共有アプリ『SPIDERPLUS(スパイダープラス)』現場管理・図面情報共有アプリ『SPIDERPLUS(スパイダープラス)』

会社概要

社名:スパイダープラス株式会社
英語表記:SpiderPlus & Co.
新URL:https://spiderplus.co.jp
社名変更日:2020年11月1日
代表者:代表取締役 伊藤 謙自
所在地:東京都豊島区東池袋1丁目12番5号 東京信用金庫本店ビル 7階
創業:1997年9月
資本金:283,474,187円(資本準備金含む)
事業内容:ICT(Information and Communication Technology )事業
エンジニアリング事業(保温・断熱工事)

スパイダープラス株式会社は、1997年に配管やダクトの保温断熱工事業として創業。
その中で出てきたアイデアやお客さまの声を元にSPIDERPLUSというサービスを開発・提供し、建設業の皆さまの業務効率化につながるよう日々活動をしています。

本リリースに関するお問い合わせ先
スパイダープラス株式会社 広報担当

TEL:03-6709-2830(代表)

Email:cb_pr@spiderplus.co.jp