凸版印刷/凸版印刷、「IT導入補助金2020」のIT導入支援事業者に採択

凸版印刷/凸版印刷、「IT導入補助金2020」のIT導入支援事業者に採択

凸版印刷 IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

「IT導入補助金2020」の対象ツールとして、保険契約情報管理クラウド「MyPare™」が認定、保険代理店や税理士事務所のIT化推進による業務効率化を支援

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、「IT導入補助金2020(サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金)」のIT導入支援事業者として採択されました。同時に、凸版印刷が2020年4月より提供する保険契約情報管理クラウドサービス「MyPare™(マイペア)」が、「IT導入補助金2020」における補助金交付対象ツールに認定されました。これによって、保険代理店や税理士事務所等の中小企業・小規模事業者等が補助事業者へ採択された場合、「MyPare™」の導入・運用費用の最大3/4の金額を補助金として受け取ることが可能になります。

凸版印刷/凸版印刷、「IT導入補助金2020」のIT導入支援事業者に採択

 ■ 「MyPare™(マイペア)」について
・サービス概要

 「MyPare™」は契約保険会社や保険種類を問わず、法人や個人単位で保険契約情報を一律のフォーマットで入力・更新できる保険契約情報のクラウドサービスです。契約条件や保障内容をキーにした登録情報の検索・抽出や、提案に向けた多角的なシミュレーションができるので保険の保全業務におけるコンサルティングツールとして有効です。
 さらに、満期・満了や解約返戻金のピークなど期限期日に関するリマインドや、事業報告用の帳票出力などの業務サポート機能を備えています。これにより、保険契約情報を安全に管理し積極的な保全活動を行う保険代理店や、顧問先の保険税務管理を担う税理士事務所の業務効率の向上をサポートします。

・特長
①保険証券や設計書など、保険契約に係る情報をペーパレス化しクラウド上で管理することにより、事務所や店舗以外での業務が可能となり、テレワーク化を推進することができます。

②今後、保険商品の取り扱いにおいてさらなる厳正化が求められる顧客本位の業務運営に向けて、個人情報保護や契約後のアフターフォローなど業務品質向上に向けた環境整備を行うことができます。

③2019年7月までの保険料の取り扱いに関する税制に対応した仕訳を、経理処理例として表示することが可能です。過去に加入した保険もその年度に合わせた経理処理例を確認することができます。

・価格
初期費用:8万円 月額費用:8万円
※保険契約者単位を最大100IDまで登録可能

・サービス紹介webサイト
https://www.toppan.co.jp/securities/solution/mypare.html

■ 「IT導入補助金2020」について
 「IT導入補助金2020」は、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を国が補助することで、業務効率化や売上増加をサポートする制度です。
 「IT導入補助金2020」には通常枠(A、B類型)と新型コロナウイルス感染拡大の影響に対応するための特別枠(C類型)があり、「MyPare™」はA型とC類型-2の対象ツールとなっています。

・補助金対象者
 「MyPare™」の導入を検討いただいている中小企業・小規模事業者等

・補助対象経費
 「MyPare™」導入に関わる初期費用・運用費用

・補助率と申請期限

対象 補助率 申請期限
A類型 1/2以内 第9次交付申請締切日:2020年11月2日(月) 17:00 予定
C類型-2 3/4以内 第8次交付申請締切日:2020年11月2日(月) 17:00 予定

 

※「IT導入補助金2020」の詳細は以下をご確認ください。
 https://www.it-hojo.jp/overview/

* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以 上