イタンジ/賃貸内見のため「ITANDI BB」と「スマサポキーボックス」を連携、渡辺住研で運用開始

イタンジ/賃貸内見のため「ITANDI BB」と「スマサポキーボックス」を連携、渡辺住研で運用開始

イタンジ IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

賃貸物件の内見を自動化し、リーシング業務の一元管理を実現

テクノロジーで不動産の賃貸取引をなめらかにするイタンジ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:野口 真平、以下「イタンジ」)は、イタンジが提供する賃貸不動産リーシング業務のワンストップサービス「ITANDI BB(https://bukkakun.com/)」と、株式会社スマサポ(本社:東京都中央区、代表取締役:小田 慎三、以下「スマサポ」)が提供するIoT鍵ツール「スマサポキーボックス」を連携させ、株式会社渡辺住研(本社:埼玉県富士見市、代表取締役:渡邉 毅人、以下「渡辺住研」)が管理する賃貸物件の内見自動化を開始いたします。
【本件のポイント】
  • 賃貸内見のため「ITANDI BB」と「スマサポキーボックス」を連携し、渡辺住研で運用開始
  • 渡辺住研が管理するの賃貸物件の内見を自動化し、リーシング業務の一元管理を実現
  • 「ITANDI BB」はIoTソフトウェアのプラットフォームとしての役割も担っていく

イタンジ/賃貸内見のため「ITANDI BB」と「スマサポキーボックス」を連携、渡辺住研で運用開始

◆ 背景
現在、賃貸物件内見時の賃貸管理会社と賃貸仲介会社間における鍵の受け渡しは、現地に設置された鍵を用いる、または、賃貸仲介会社のスタッフが賃貸管理会社へ赴き対面で鍵を受け取るというのが一般的です。しかし、前者はセキュリティ面の不安、後者は受け渡しの手間や受け渡しミスが課題となっています。

その課題を解決するために、デジタル化による賃貸不動産業務の効率化に取り組む渡辺住研は、2019年3月より賃貸住宅の内見時に利用する高セキュリティなIoT 鍵ツール「スマサポキーボックス」を、2020年8月より「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」シリーズの不動産関連WEB申込受付システム「申込受付くん」を導入し、運用を開始していました。

◆ 概要
この度、2020年10月に、渡辺住研はさらなる賃貸業務の効率化のため、イタンジが提供する「ITANDI BB」シリーズの賃貸住宅の内見予約WEB 受付システム「内見予約くん」を導入し、「ITANDI BB」と「スマサポキーボックス」のシステム連携を開始しました。

高セキュリティで内覧時における鍵の授受にかかる手間をカットできる「スマサポキーボックス」と、不動産リーシング業務のワンストップサービス「ITANDI BB」を連携させることにより、渡辺住研の管理する賃貸物件の内見を自動化し、安全で効率的なリーシング業務の一元管理が可能になります。

イタンジは、「ITANDI BB」がIoTソフトウェアのプラットフォームとしての役割を担うことで、賃貸不動産事業者の業務効率化推進をより一層支援し、入居者にとって安心で利便性の高いサービスの提供を促進してまいります。

◆「 ITANDI BB (イタンジビービー)」とスマサポキーボックス連携による内見の流れ
1.賃貸物件の内見希望を賃貸仲介会社が入居希望者から受ける
2.賃貸仲介会社は「内見予約くん」のカレンダー機能から内見日時を予約する
3.予約された内見の日時情報が該当物件の「スマサポキーボックス」に自動連動される
4.賃貸仲介会社は 「スマサポキーボックス」の専用アプリをダウンロードしたスマートフォンを操作して部屋を開錠し、入居希望者の内見案内をする

◆ 「ITANDI BB(イタンジビービー)」とは
「ITANDI BB(https://bukkakun.com/)」は、物件検索から内見、入居申込、契約、更新、退去手続きまでを一気通貫でサポートする、不動産リーシング業務のワンストップサービスで、下記機能を備えています。現在、約1,500店舗の管理拠点で導入、約31,000店舗以上の仲介拠点で利用されています。

イタンジ/賃貸内見のため「ITANDI BB」と「スマサポキーボックス」を連携、渡辺住研で運用開始

物件確認不要のリアルタイムな不動産業者間WEB物件検索機能
物件確認電話の自動応答システム「ぶっかくん」
賃貸住宅の内見予約WEB 受付システム「内見予約くん」
不動産関連WEB申込受付システム「申込受付くん」
不動産関連電子契約システム「電子契約くん」
賃貸住宅のWEB更新・退去システム「更新退去くん」
不動産事業者向け電話/FAX受付システム「電話FAXくん」
不動産関連業務の自動化システム「RPAくん」
手書き書類等のデータ化システム「OCRくん」

イタンジ/賃貸内見のため「ITANDI BB」と「スマサポキーボックス」を連携、渡辺住研で運用開始

 

 

イタンジ/賃貸内見のため「ITANDI BB」と「スマサポキーボックス」を連携、渡辺住研で運用開始

◆ 「スマサポキーボックス」とは

 

 

スマサポとIHI運搬機械株式会社とで共同開発した不動産内覧向けIoT鍵ツール「スマサポキーボックス」は、不動産管理会社が賃貸マンション等の部屋の扉に取り付けることにより、物件内覧時の鍵の貸し借りといった手間を省略し、スムーズな物件内覧を提供するツールです。
ボックス型のデバイスはエントランスドア部分に磁石を利用し取り付け、専用の「スマサポキーアプリ」をインストールしたスマートフォンを利用することでボックスが開錠し、中から物理鍵が取り出せるという仕組みとなっています。高いセキュリティを持ちながら、設置に伴う工事は一切不要で、様々な扉に取り付けることができます。

◆ イタンジ 概要
社名:イタンジ株式会社
代表者:代表取締役 野⼝ 真平
URL:https://www.itandi.co.jp/
本社:東京都港区六本⽊3-2-1 住友不動産六本⽊グランドタワー 40 F
設⽴:2012年6⽉
資本⾦:3,600万円
事業内容:
・AIを活⽤した賃貸不動産仲介の営業⽀援システム「ノマドクラウド」の開発、運営
・不動産のリアルタイム業者間サイト「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」の開発、運営
・セルフ内⾒型お部屋探しサイト「OHEYAGO(オヘヤゴー)」の開発、運営

◆ スマサポ 概要
社名:株式会社スマサポ
代表者:代表取締役社長 小田 慎三
URL:https://www.sumasapo.co.jp/
本社:東京都中央区日本橋3-6-2 日本橋フロントビル1F
設⽴:2015年10月
資本⾦:1億7,500万円(資本準備金含む)
事業内容:住まいや暮らしに関するライフサポートサービスの提供と不動産プラットフォームの開発

◆ 渡辺住研 概要
社名:株式会社渡辺住研
代表者:代表取締役社長 渡邉 毅人
URL:https://www.w-juken.com/
本社:埼玉県富士見市鶴馬2608-7
設⽴:1974年
資本⾦:5,000万円
事業内容:賃貸仲介業、賃貸管理業、不動産売買事業、社宅代行業務、コインパーキング事業、リフォーム事業、コンテナ事業、資産運用コンサルティング