M&Ftecnica/M&Ftecnicaがヨーロッパの建築ソフトウェアリーディングメーカーSOFiSTiK社と業務提携。鉄筋モデル編集に特化したRevitプラグインでBIMによるデジタル推進を加速。

M&Ftecnica/M&Ftecnicaがヨーロッパの建築ソフトウェアリーディングメーカーSOFiSTiK社と業務提携。鉄筋モデル編集に特化したRevitプラグインでBIMによるデジタル推進を加速。

M&Ftecnica IT導入補助金に関するリリース

株式会社M&Ftecnica(本社:東京都江東区南砂2-36-11)はAutodeskのRevitプラグインを提供するSOFiSTiK社(ドイツ)の専属販売代理店として業務提携しました。(https://m-and-f.jp/
鉄筋編集に特化したRevitプラグインで国内建築業界の課題解決を実現

SOFiSTiK社は、ドイツに拠点を置くソフトウェアメーカーです。ヨーロッパを中心に、建設プロジェクトにおいてBIMデータを中心とした取り組みで、同分野のリーディングメーカーとして確かな地位を築いています。
 

M&Ftecnica/M&Ftecnicaがヨーロッパの建築ソフトウェアリーディングメーカーSOFiSTiK社と業務提携。鉄筋モデル編集に特化したRevitプラグインでBIMによるデジタル推進を加速。

M&Fではこれまで、Autodesk Revitを使った鉄筋モデルの作成において、より効率化を図る必要がありました。とくに日本国内では鉄筋コンクリート造の建築が多く、業界内でのニーズは右肩上がりの状況です。
SOFiSTiK社は、鉄筋モデル編集に特化したRevitアドインの提供において高いノウハウを有しています。M&Fが求める鉄筋モデル作成の効率化を推進し、国内での建設課題解決を図る上でも、これ以上ないパートナーといえます。

建築業界におけるデジタル推進を加速。施工の最適化や生産性向上を目指す。

また、今回の業務提携はBIMによる建築業界のデジタル推進を加速させる狙いがあります。建築設計は、従来までの2次元CADから3次元BIMへと変化しています。しかし、国内でのBIM移行はまだまだ緩やかで、施工の最適化や生産性向上に課題を抱えています。M&Fが目指すのは、BIMにより施工分野のデータベース化を進め、業界に新たなソリューションを提供すること。
M&FはSOFiSTiK社との業務提携により、AUTODESKのRevitを利用した作図の浸透とBIMの推進をより一層加速させていきます。