DATAFLUCT/外部のビッグデータ×自社内の実績データ×機械学習による分析と予測で、営業を効率化するSales Techサービス『DATAFLUCT target-scoring.』を10月20日から提供開始

DATAFLUCT/外部のビッグデータ×自社内の実績データ×機械学習による分析と予測で、営業を効率化するSales Techサービス『DATAFLUCT target-scoring.』を10月20日から提供開始

DATAFLUCT IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

成約見込みの高い営業先の選定、契約解除可能性のあるクライアントへのフラグ立て、スコアリングの傾向をもとにした自動での顧客分類(クラスタリング)などが可能に

データサイエンスで企業の課題を解決する株式会社DATAFLUCT(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:久米村 隼人)は、企業活動における営業先の選定や優先順位の設定を目的として、外部データと実績データを組み合わせて機械学習で分析し、高精度のスコアリングモデルによって営業を効率化するSales Techサービス『DATAFLUCT target-scoring.』(データフラクト ターゲットスコアリング)の提供を10月20日から開始します。

本サービスは、当社が展開する“ビッグデータ分析を用いた未来予測による、企業経営上の意思決定を推進するためのデジタル・トランスフォーメーション(以下「DX」)”を支援するDXサービス事業「DATAFLUCT DX series.」(データフラクト ディーエックス シリーズ)の第7弾です。

  • サービス開発の背景

昨今、BtoBで事業展開する企業で、自社にとって価値の高い顧客を定義して、顧客に合わせた最適なアプローチをするマーケティング手法「ABM(Account-Based Marketing)」が営業効率化の観点から注目されています。同手法を用いた営業活動のプロセスにおいては、営業支援システム「SFA(Sales Force Automation)」やマーケティングプロセスを自動化する「MA(Marketing Automation)」と連携するデータやアルゴリズムが重要であり、それらのデータ活用を実施または着手している企業は増加傾向にあります。その一方で、「社内にデータが散在していて、形式が統一されておらずすぐに利用できない」、「必要な外部データの見極めができない、入手先がわからない」など、データが活用できる状態で蓄積されていないという課題や、データの活用に精通した人材の確保の難しさという課題に直面している企業も多く見受けられます。また、コストが継続的にかかることから、定期的な取り組みとならず単発で終わってしまうなど、必ずしも効果的・継続的にデータを活用できていない状況です。

当社は、これらの課題を解決するため、これまでに培った知見と技術を活かし、内部データのみに留まらない、多種多様な外部データを収集できるデータ基盤や分析環境の構築、データの収集・加工、データ分析とアルゴリズムの構築、オペレーション・システムの構築をオーダーメイドで承り、外部データを活用した機械学習による高精度のスコアリングモデルで営業活動を支援すべく、『DATAFLUCT target-scoring.』を開発しました。

 

  • DATAFLUCT target-scoring.について

DATAFLUCT/外部のビッグデータ×自社内の実績データ×機械学習による分析と予測で、営業を効率化するSales Techサービス『DATAFLUCT target-scoring.』を10月20日から提供開始

『DATAFLUCT target-scoring.』では、株価や売上などの企業情報や業界動向のほか、ニュースやSNS、求人情報などのオルタナティブデータを含む「オープンデータ」に加え、POSや人流などの「ペイドデータ」、過去に成約したことのある他社の企業情報や現在の売上状況などの「自社内データ」を組み合わせて独自のアルゴリズムを構築し、営業の判断材料となる成約予測スコアの提示や契約解除可能性のあるクライアントへのフラグ立てなどをするほか、スコアリングの傾向をもとに自動で顧客を分類(クラスタリング)します。また、機械学習によって、これらのデータが蓄積されるほど、スコアリングモデルの精度は向上する仕組みとなっています。さらに、本サービスでは、既存の大規模な企業情報データベースがカバーしていないオルタナティブデータも利用しているため、急成長中の小規模事業者の発見や与信管理によるリスク回避にもご活用いただけます。

データレイクの設計、データ解析、アプリケーションの実装に高速で取り組み、プロジェクト開始からおよそ9か月でのビジネスへの活用と価値創出を目指しております。また、企業単位、名刺単位でのデータ統合や、現在利用しているSFAツール、MAツールとのAPI連携など、お客様のニーズに合わせて柔軟に実装します。

サービスの想定導入対象企業
 B2Bの顧客開拓が必要な企業全般、小規模事業者との取引を計画している企業全般 など

【活用データ例】
 
外部のオープンデータ
  企業情報(売上、資本金など)、経営者データ、業界動向、地域動向、
  求人情報、顧客評価・口コミ、ニュース、広告出稿、SNSなど
 
 ペイドデータ
  POS、モバイル空間統計・人流 など
 
 自社内データ
  
過去の成約企業の情報(売上、資本金などの市場規模、取引状況 等) など

【サービス提供開始日】
 2020年10月20日(火)

株式会社DATAFLUCTについて
データとサイエンスの⼒で社会と事業の課題を解決するデータサイエンス・スタートアップスタジオです。あらゆる業界・業種の枠を超えたパートナーとの共創による複数のSaaSビジネスの素早い立ち上げや企業のDX支援など、埋もれているデータから社会・経済・技術に⼤きなインパクトを与える、新たなビジネス価値を⽣み出します。(2019年JAXAベンチャー認定企業[※])

※ 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の知的財産・業務での知見を利用して事業を行う、JAXA職員が出資・設立したベンチャー企業

<企業概要>
本社所在地:東京都千代田区麹町1-4-4 2F  LIFULL HUB内
代表者:代表取締役 久米村 隼人
設立:2019年1月29日
資本金:5,800万円(資本金準備金含む)
事業内容:Data Business SaaSの展開、企業のDX支援
WEBサイト:https://datafluct.com/
Twitter:https://twitter.com/datafluct
Facebook:https://www.facebook.com/datafluct/
note:https://note.datafluct.jp/

<サービスに関するお問い合わせ>
株式会社DATAFLUCT
DATAFLUCT target-scoring.
責任者:安倍
Mail:info@datafluct.com