DX ハブ/DXHUB、令和2年補正予算「中小企業デジタル化応援隊事業」事業推進パートナーに選定

DX ハブ/DXHUB、令和2年補正予算「中小企業デジタル化応援隊事業」事業推進パートナーに選定

DX HUB IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

社内にIT担当や詳しい人がいなくて困っている中小企業とIT専門家をマッチングして支援する

DXHUB SUMMITなどを手がけるDXHUB株式会社(本社:京都府京都市 代表:澤田 賢二)は、2020年10月1日に「中小企業デジタル化応援隊事業」の事業推進パートナーとして選定されました。デジタル化・IT活用に悩みを持つ中小企業へ本事業の活用支援を開始します。

DX ハブ/DXHUB、令和2年補正予算「中小企業デジタル化応援隊事業」事業推進パートナーに選定

  • 中小企業デジタル化応援隊事業とは

中小企業・小規模事業者のさまざまな経営課題を解決する手段として、デジタル化・IT活用の専門的なサポートを充実させるため、フリーランスや兼業・副業人材等を含めたIT専門家を「中小企業デジタル化応援隊」として選定し、その活動を支援する取り組みです。

DX ハブ/DXHUB、令和2年補正予算「中小企業デジタル化応援隊事業」事業推進パートナーに選定

要件を満たす支援提供を行ったIT専門家に対して、最大3,500円/時間(税込)の謝金が事務局から支払われるため
中小企業は通常の時間単価から上記金額( 最大3,500円/時間(税込) )を差し引いた金額でデジタル化推進のための支援を受けることができます。
※ IT専門家の時間単価は、中小企業とIT専門家の契約により決定されます。
※ 中小企業の実費負担が最低500円/時間(税込)以上あることが謝金支払の要件になっています。

  • よくある中小企業の課題

① デジタル化やIT活用といってもどこから手を付ければ良いのか分からない。
② テレワーク・オンライン会議導入を検討しているがなかなか前に進まない。
③ ECサイト構築で専門家からのアドバイスが欲しい。
④ 経営を見える化したいがどうして良いのか分からない。

  • 当事業を活用する事で得られる中小企業の効果・メリット

① スキルや専門知識のあるIT専門家より、謝金制度でリーズナブルに支援が受けられます。
② デジタル化課題の分析・把握・検討などの支援が受けられます。
③ IT導入に向けた支援が受けられます。
 (例;テレワーク、WEB会議、ECサイト、キャッシュレス決済、顧客管理 など)

  • 概要

・受付期間:2020年9月1日(火)〜2021年1月31日(日)
 (支援事業実施期間 2020年9月1日(火)〜2021年2月28日(日))
※ 本事業への登録は2020年9月1日から可能です。
なお本事業のIT専門家による支援案件完了の期限が2021年2月28日までとなっておりますので、
それまでにIT専門家登録〜中小企業との契約締結・支援活動完了を行っていただく必要がございます。

  • 本事業に対するDXHUBの取組

本事業の活用を希望・検討をされている中小企業・小規模事業者様に対して、
 ① 無料登録申請の支援
 ② 本事業活用に関する無料相談窓口の設置
をご提供致します。
※本事業に興味があるが活用するメリットがわからない、事業経営に課題を感じているが解決方法が見つからない
と言う方は下記フォームより遠慮無く御相談下さい。

https://pro.form-mailer.jp/fms/e0c77970208673
 

  • DXHUB株式会社 会社概要

■事業内容
・企業向けDX導⼊⽀援
・名刺管理「Sansan」総代理店
・業界特化型MVNO(⺠泊Wi-Fi,レンタルスペースWiFi, IoT)
・在留外国⼈向け通信サービス
・遠隔化、テレワーク導⼊⽀援

代表取締役社⻑:澤⽥賢⼆
本社:京都府京都市下京区中堂寺粟⽥町93番地 KRP6号館2階
設⽴:2015年10⽉
資本⾦: 210,509,000円(資本準備⾦含む)

■本プレスリリースに関するお問合せ先
DX HUB株式会社(担当 田中かおり)
電話: 075-496-5550
E-mail: dxhub-summit@dxhub.co.jp