grooves/ITエンジニア延べ13,000名が集まる大人気オンライン勉強会が、新シリーズ「Front-End Study」を開催決定!

grooves/ITエンジニア延べ13,000名が集まる大人気オンライン勉強会が、新シリーズ「Front-End Study」を開催決定!

grooves IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

開催告知24時間で参加エントリー1,000名突破!スーパーチャット、Koibumi を使った登壇者・参加者間の新しい双方向コミュニケーションにも挑戦。

 「つくり手と、未来を拓く。」を掲げる「Forkwell(フォークウェル)」を運営する株式会社grooves(グルーヴス 本社:東京都港区 代表取締役:池見 幸浩)は、ITエンジニアの成長・交流機会を創造するオンライン勉強会「xx Study」シリーズを定期開催しています。インフラ、データ分析基盤に続く第3弾のテーマは「Front-End(フロントエンド)」。10月12日のイベントサイトオープン後、24時間で1,000名超の参加希望者を集めています。
 今後もイベントのDXを通じて、ITエンジニアにとって価値ある、かつ良質で個性ある交流・学習の場を構築し、ITエンジニアの自己実現を応援していきます。

grooves/ITエンジニア延べ13,000名が集まる大人気オンライン勉強会が、新シリーズ「Front-End Study」を開催決定!

 

  • 開催背景

 フォークウェル( https://forkwell.com/ )では、2017年よりITエンジニア向けの技術コミュニティを「勉強会・イベントスポンサー」という形で支援してきました。新型コロナウイルス感染症の影響が出始めた2020年2月18日からは、オンライン上のイベント・勉強会にもスポンサー費用をお支払いすることを決定。Zoom の配信方法のレクチャーも実施することで、国内産業のデジタル化を先導する技術コミュニティの持続可能な活動をサポートしています。

 2020年4月の緊急事態宣言発令以降は、ITエンジニアの学びに新たな選択肢を提示するため、累計500回以上のスポンサー活動を行ってきた知見を活かした大型のオンライン勉強会「◯◯ Study」シリーズの主催を開始。全国的なテレワークが進む中、「家族と過ごしながら視聴ができる」、「地方在住者にとってイベント参加機会が得られるのがありがたい」といった喜びの声が届いています。
また、インフラ・データ技術基盤とIT業界でもホットなテーマを採択しかつ有識者から深い知識を学べる場として人気を博し、IT勉強会支援プラットフォーム「connpass」では、コミュニティ参加者数は2020年4月の約3,500人→2020年10月で9,000名と2.6倍に増加し、企業主催カテゴリで第2位となる大型コミュニティへと成長しています(https://connpass.com/category/企業主催/)。

 大型イベントでの失敗事例も積極的に社外共有しています( https://pr.forkwell.com/remember-infra-study-meetup-2020-04-24/ )。今後もイベントのDXを通じて、ITエンジニアにとって価値ある、かつ良質で個性ある交流・学習の場を構築し、ITエンジニアの自己実現を応援していきます。
 

  • Front-End Study について

 フロントエンド開発は、バックエンドやデザイン、インフラなど、非常にコラボレーションの機会が多く、特定の技術によらない Web そのものへの知識が求められる領域です。どのフロントエンド技術でサービス開発する際も必要となる大切な指標や、Web技術全体について学び直すことができる機会として、「Front-End Study」 を設けました。
 本イベントでは、それぞれのテーマについて知見を持つ方を複数名お呼びし、フロントエンド、バックエンドといった技術の垣根なく、現代のWeb開発において求められる技術を学べる場を目指しています。

 また、イベント当日はYouTube Live の機能を用いてリアルタイムで配信。終了後は、アーカイブ動画を公開し、当日参加が難しい方や復習用にも後日視聴ができるようにする予定です。
 

  • フォークウェルからのコメント

 今回のイベントを企画するにあたり、企画アドバイザーである potato4d氏とのディスカッションの中で、従来のやり方にとどまらない、今までにないチャレンジにもトライしてみようと準備を進めてきました。

 本イベントでは、2つの新しい取り組みを行います。一つは、YouTubeのスーパーチャットを使った登壇者への投げ銭システム、もう一つは、Koibumi( https://koibu.me/ )を使ったディスカッション機会の創出です。

 従来のイベントでは、登壇者に対しての直接的な対価は、主催者からの登壇料に限定されがちでした。今回は、実験的な取り組みとして、YouTubeのスーパーチャット機能を利用することで、登壇者に視聴者がリアルタイムで投げ銭できる仕組みを導入します。これによって、視聴者は、直接登壇者に御礼を届けることができるようになり、登壇者がより直接的に対価を得られるようになります。

 また従来のイベントでは、寄せられた質問に登壇者が一方的に応えて終わるケースが多く、その先の議論に発展しにくいのが現状です。今回は、Koibumi という合同会社ElevenBackが開発したITミートアップ・カンファレンスに特化したつたわる・つながるフィードバックシステム「Koibumi」を業界で初めて導入することで、イベント後もディスカッションで知見を深め合うことができる新しい体験を提供します。

 これらの取り組みを通じて、フォークウェルでは、コンテンツ内容そのものからの学びに加えて、技術コミュニティ界隈に新しいイベント運営の知見を提供することを目指します。​この新しい体験を皆様とご一緒できることを楽しみにしております。

Forkwell 事業責任者 赤川
 

・テーマ:「Cloud Native時代のフロントエンド」
・開催日時:2020年11月9日(月)19:30〜22:00開催
・開催方法:Youtube Live( https://www.youtube.com/c/Forkwell-エンジニア向け勉強会チャンネル )
・基調講演:mizchi氏 / 西谷 圭介氏 / 調整中
 

  • 次回以降の開催予定

・12月:第2回「(仮)フロントエンド開発とパフォーマンス」※調整中
・1月:第3回「(仮)デザインに命を吹き込むフロントエンド開発」※調整中
・2月:第4回「(仮)フロントエンド開発とWebアクセシビリティ」※調整中
・3月:第5回「(仮)フロントエンドアーキテクチャのこれまでとこれから」※調整中
 

設立  :2004年3月
代表者 :代表取締役 池見 幸浩
所在地 :東京都港区南青山五丁目4番27号 Barbizon104 7F
事業内容:
・導入実績No.1人材紹介クラウドサービス 「Crowd Agent(クラウドエージェント)」
・ITエンジニアに特化したキャリア支援サービス 「 Forkwell(フォークウェル)」
地域創生ネットワーク  :全国18道府県・27団体