マーケライズ/製造業界の営業・販促活動へのコロナ禍の影響を調査  展示会や商談減少が多数、営業・販促活動の変革が急務に

マーケライズ/製造業界の営業・販促活動へのコロナ禍の影響を調査  展示会や商談減少が多数、営業・販促活動の変革が急務に

マーケライズ IT導入補助金に関するリリース

製造業BtoB企業向けに独自開発した唯一のマーケティングオートメーションツール「MRC」を展開する株式会社マーケライズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中野 晴元、以下「マーケライズ」)は、製造業界の営業・販促活動におけるコロナ禍の影響に関する調査を、2020年8月に実施いたしました。
■業績への影響:77.2%の製造業が「マイナスの影響」と回答、「変わらない」と回答は15.9%

マーケライズ/製造業界の営業・販促活動へのコロナ禍の影響を調査  展示会や商談減少が多数、営業・販促活動の変革が急務に

「新型コロナウイルス感染症の蔓延で、業績にはどのような影響がありましたか」の質問に対し、77%が『マイナスの影響を受けた』と回答しました。

一方で、4%は『プラスの影響を受けた』、15%は『変わらない』と回答。『その他 (3%)』の中には、「今は大きなマイナスはないが今後が不安」「来年の業績に影響が出る」といった声もあり、全体の約80%が業績へのマイナス影響を実感している状況といえます。

■営業・販促への影響:マイナス影響は「展示会の延期/中止」 「商談数(オンライン含む)の減少」

マーケライズ/製造業界の営業・販促活動へのコロナ禍の影響を調査  展示会や商談減少が多数、営業・販促活動の変革が急務に

「新型コロナウイルス感染症の蔓延により、営業・販促面でマイナスの影響を受けたもの(複数回答)」について聞きました。

92%が『展示会の延期/中止』、74%が『商談数(オンライン含む)の減少』と回答し、コロナ禍による社会変化が営業活動に著しく影響を及ぼしている事が判る結果となりました。また、『新製品の発売延期(13%)』や、『その他(9%)』では「商談の長期化」「製品導入の見直し・開発の延期」というコメントも見られました。

■2月~8月で実施した取り組みは、「商談・会議のオンライン化」や「メールマーケティング強化」など

マーケライズ/製造業界の営業・販促活動へのコロナ禍の影響を調査  展示会や商談減少が多数、営業・販促活動の変革が急務に

86%が『商談・会議のオンライン化』を実施、次いで『自社Webサイトの改修・見直し(52%)』 『メールマーケティングの強化(41%)』『Webセミナーの開催(36%)』と、デジタル対応の内容が多く見られました。
29%は『社内の営業・販促の体制変更/見直し』と回答、『その他(3%)』においても「注力製品の変更」「製品開発の積極化」といった生産体制に関するコメントも見られました。

■アンケート調査で見えてきた「営業・販促面での具体的な影響」
・対面での商談が出来ず、実際に商品を手に取って見てもらえるチャンスが無くなった
・試作製品を納入したが、納入先がテレワークのため製品の評価ができず、次のステップに進めない
・展示会が中止となり、潜在顧客のニーズ等の情報収集が難しくなっている
・年内の展示会が全てなくなり、既存客以外へのアプローチが難しくなった
 
【アンケート調査概要】
調査企画:株式会社マーケライズ / 調査期間:2020年8月3日(月) ~ 28日(金)
調査方法:インターネット調査 / 有効回答:149名

■マーケライズは、営業・販促活動の見直しを急ぐ“モノづくり”企業をサポートします
長期化が予想されるコロナ禍において、営業・販促活動の見直しは大きな課題となっています。日本経済を牽引してきた“モノづくり”企業へのマーケティングサポートを目指す当社は、営業・販促の課題解決をサポートします。製造業界の販促ノウハウをもとに自社開発したMAツール「MRC(マーケライズクラウド)」は、見込み客リストの獲得から、フォロー、絞り込みまでワンストップで可能。ツールと併せ、製造業の営業・販促を熟知したスタッフによる運用サポートにより、成果が出やすい仕組みを提供します。

【株式会社マーケライズ会社概要】
会 社 名  : 株式会社マーケライズ https://www.markerise.com/
本   社  : 東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST 新宿 SOUTH 6F
設 立 日  : 2014年9月
事業内容 : マーケティングクラウドの企画・開発・販売、マーケティングに関するコンサルティング