キュレーションズキュレーションズ/“ビジネストランスフォーメーション”のプロフェッショナル集団キュレーションズ、『ビジネスモデルアップデートラボ』を提供開始

キュレーションズ IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

新たな手法を正しく試行し、ビジネスモデルをアップデートするための実験室

顧客企業のビジネス変革を成功に導くキュレーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:根本隆之、以下当社)は、成熟企業が新たなビジネスモデルを正しく高速に施行し、既存事業をアップデートするための実験室『ビジネスモデルアップデートラボ』の提供を2021年7月14日に開始しましたことをお知らせします。

■ 『ビジネスモデルアップデートラボ』とは

当社の『ビジネスモデルアップデートラボ』は、以下のような新しいビジネスモデルやテクノロジーをコンパクトに施行することでビジネスモデル変革の最適解を迅速に導き出し、成熟企業の既存事業におけるビジネス変革を通じて、中長期視点での売上の再成長と最大化をもたらします。
 

  • as a Service化
  • D2C化
  • サブスクリプション化
  • サーキュラーエコノミー化
  • 顧客行動起点のサービス設計
  • カスタマーサクセス設計
  • IoT / AIアルゴリズム構築 など

将来の予測が困難なVUCA時代と言われますが、デジタル技術の進展によって社会が急激に変化し、選択肢が多様化する時代に移り変わるにつれて、新しいビジネスモデルが次々に生まれています。

こうした新しいモデルは成熟企業も取り入れるべき要素がある一方で、「既存事業全体を一気に変えるのはリスクが大きすぎる」、そうした新しいモデルを経験した人材も少ないため「なかなか具体的な取り組みに移行できない」、「施策を打ってみたものの成果(売上)につながらず悩んでいる」、等の課題が多く聞かれます。

 当社では、そのような課題を解決すべく、『ビジネスモデルアップデートラボ』のサービスを提供開始しました。ビジネスモデルアップデートラボは、目的や未来からバックキャストして今行うべきことに落とし込み、リーンな試行錯誤の継続を行い、顧客企業のビジネス変革を成功に導きます。

■ こんな方を対象としたサービスです
・新しいビジネスモデルの経験者がおらず具体的施策を立案できない。
・施策を実行しているが、なかなか売り上げに繋がらない。
・社内で議論してプランを描いたが、本当にこれで良いのか専門家に聞いてみたい。
・DX推進をしたいが、何から始めたらいいのか分からない。
・実行フェーズがうまくいっておらず、課題を整理したい。
・課題は見えているが、優先順位付けが難しい / 解決策が見出だせない。

■ サービス概要

提供開始日
2021年7月14日

サービス内容(導入フェーズ)
・ご担当者様からヒアリングを行い、課題を抽出・整理
・実施すべき方向性についてディスカッション
・現状を明確にし、Laboサービス提供の対象範囲を決定

料金
課題と対応範囲に合わせて柔軟にお見積りいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

URL
https://curations.jp/company/

■ 今後の展望
当社では、今後も顧客企業が抱えている様々な問題認識や課題、危機意識、その他の悩み事に対して最善かつ迅速なご支援を行って参ります。そして、1社でも多くの成熟企業を“ビジネストランスフォーメーション”の成功へと導きたいと考えております。

■ お役立ちウェビナー情報
2021年7月21日 (水) 15:00~ 新規事業で直面する「死の谷」の乗り越え方

新規事業・スタートアップが乗り越えなければならないハードルとして、「死の谷(デスバレー)」という言葉がよく使われます。この死の谷を乗り越えることができずに頓挫した新規事業や倒産したスタートアップは数多く存在します。成熟企業の新規事業においても「死の谷」が存在します。今回のウェビナーでは、これまでに成熟企業と60件以上の事業推進をしてきた当社のシニア・コンサルタントが、新規事業で直面する課題とはどのようなものがあり、その課題を乗り越えるためにはどうすればよいのかに関して解説していきます。是非お気軽にご参加ください。
詳しくはこちらから → https://curations.jp/2795/

■ キュレーションズについて
当社は、“ビジネストランスフォーメーション”を通じて,ビジネスモデル変革の一歩目となる事業を生み出すプロフェッショナル集団です。“既存事業を活かした新しい収益の創出”を可能にする独自メソッドと、人材や連携企業の”キュレーション※“による最適なチーム編成でプロジェクトを成功に導きます。(※ キュレーションとは、“ある視点” で情報を伝達したり、収集・研究等を行う人や機能のこと)

まずは、徹底的に顧客に向き合い、顧客の課題に向き合い、顧客のジョブを抽出することから始めます。時代とともに変化する顧客行動の理解は企業のイノベーション活動には欠かせません。顧客起点/課題起点からのイノベーション(新結合)を起こし、新事業を開発する方法を、多数の実践を通じて汎用的メソッドとしてまとめて参りました。クライアント企業のシーズと新たな顧客行動のニーズの双方に徹底的に伴走し、そこから導き出される「イノベーションの種」を「事業企画~事業開発~売上創出」までコミットし、成長フェーズまで導きます。

ビジネスを加速させるためのノウハウ資料の提供やセミナーの無料開催もしておりますので、是非ご覧ください。ご取材もお待ちしております。
https://curations.jp/news/

■ 会社概要
商号  :キュレーションズ株式会社
代表者 :代表取締役 根本 隆之
所在地 :東京都渋谷区広尾1丁目3番18号 広尾オフィス・ビル 11F
事業内容:事業共創スタジオ事業
URL  :https://curations.jp/

■ 本件の問い合わせ先
キュレーションズ株式会社
広報:東田 営業:武藤
info@curations.jp