SEPALSEPAL/SEPALが提供するイベントグッズ販売総合オペレーションシステム「ライブセルフオーダー」を株式会社東京ドームが導入

プレスリリース

SEPAL IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

2021年3月23日に東京ドームシティ公式サイトにて「ライブセルフオーダー」のユーザー体験動画を公開。ライブイベントのニュースタンダードとなる快適なイベント体験を実現する。

株式会社SEPAL(東京都港区、代表取締役:柳澤秀男)は、国内最大級のイベント会場である東京ドームに、新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインを遵守した完全非接触対応のイベントグッズ販売総合オペレーションシステム「ライブセルフオーダー」を2021年1月より提供開始しました。
東京ドームで開催されるイベントのグッズ販売における「事前オンライン購入」「グッズ受取電子チケット整理券」といった、OMO型のグッズ販売運営システムを提供。3月23日に、東京ドームシティ公式サイトにてユーザー体験動画を公開しました。お客様が快適に過ごせる新しいイベント体験イメージと、本システムの導入効果をご覧いただくことができます。

​東京ドームシティ公式サイトにてユーザー体験動画を公開​東京ドームシティ公式サイトにてユーザー体験動画を公開

【動画はこちらよりご覧下さい】https://www.youtube.com/watch?v=AcofUCaKv9s

​東京ドームシティ公式サイト: https://www.tokyo-dome.co.jp/dome/
ライブセルフオーダー公式サイト:https://selforder.live/

 

OMO型グッズ購入&会場受取
お客様は、好きな時に好きな場所で、オンラインショップでゆっくりグッズを選んで購入。また、購入と同時にオンライン予約した整理券で、東京ドームでは待ち時間なくスムーズにグッズの受取が完了します。

ライブセルフオーダーによるグッズ受け渡しライブセルフオーダーによるグッズ受け渡し

グッズ受け渡しの様子グッズ受け渡しの様子

グッズ受取電子チケット整理券

整理券はグッズ購入と同時に申込。電子チケット整理券は、グッズ受取引換券と合わせてマイページへ即時発券されます。事前にグッズ受取時間を指定できるので、混雑に見舞われることなくイベント当日を快適に過ごすことができます。

導入効果とお客様の声
2021年1月4日・5日に東京ドームで開催されたイベント「バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム」でもライブセルフオーダーを活用。従来の対面販売と比較し、「グッズ受け渡しの処理スピードが3分の1以下」「購入単価171%UP」「ユーザー満足度97%」といった導入効果が見られました。動員規制の中でも販売効率の大幅改善に貢献できるのが、ライブセルフオーダーの特徴です。

東京ドーム_ライブセルフオーダー_導入実績東京ドーム_ライブセルフオーダー_導入実績

【ご利用いただいたお客様からのコメント】

”全く並ばずに非常にスムーズで快適でした”

”受付・受取がとてもスムーズで、他人との接触を気にするこのご時世でも安心して受取出来ました”

”事前に商品をゆっくり見れる上に売り切れも気にせず買える事が良かった”

”オンラインで購入・決済が出来るのがありがたかったです。思わず沢山買ってしまいました”

【運営スタッフからのコメント】
“オペレーションが簡単で非常に助かりました(グッズ受け渡し/アルバイトスタッフ)

“他のサービスには無い、運営スタッフにとってありがたい機能が充実していて、大規模なイベントには最適なシステムだと感激しました”(運営責任者スタッフ)

“商品の受け渡しミス防止を大幅に改善できる仕組みで凄いと思いました”(グッズ受け渡し/チーフスタッフ)

 

SEPALは、東京ドームにご来場される数万人のお客様に対し、好きな時に好きな場所で快適なイベントグッズ購入体験を提供致します。また、都合の良い受取時間を事前に予約する事で、快適な時間をお過ごし頂ける様努めて参ります。今後の様々なイベント開催時にサービスを提供していく予定です。

 

株式会社SEPAL:https://sepal-inc.com/
Live SelfOrder(ライブセルフオーダー):https://selforder.live

※ライブセルフオーダーが実現する「イベントグッズ販売総合オペレーションシステム」は、特許出願済みです。(特願2021-036385号)
※「ライブセルフオーダー」は(株)SEPALの登録商標です。(第6284375号)