FANTAS technologyFANTAS technology/不動産がもっと身近でワクワクする存在になるために FANTAS technology、SDGs(持続可能な開発目標)宣言を策定

プレスリリース

FANTAS technology IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

〜重点的に取り組む4つのゴールを目指し、FANの連鎖を生み出す〜

テクノロジーの力で不動産マーケットに新しい顧客体験を足すFANTAS technology株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:國師 康平、以下「当社」)は、「ファンになっていただける企業になる」という理念のもと、国際社会から信頼される良き企業市民になることを目指して「SDGs(持続可能な開発目標)(※1)」に積極的に取り組みます。この度、重点的に取り組む4つのゴールを設定することを宣言いたします。

 

 

  • SDGs宣言に込めた想い「不動産がもっと身近でワクワクする存在になるために」

当社は、創業当初から「ファンになっていただける企業になる」という理念を掲げ、テクノロジーと人の力を最大限活用し、事業成長に取り組んでまいりました。
当社の事業および技術は、人々の暮らしを支える不動産を、もっと身近に、もっと楽しくするためのものです。したがって、当社が成長しつづけるには、地球が健康で、社会が豊かで、ひとびとの暮らしが多様性に富んだものである必要があります。改めてこの重要性を踏まえ、国際社会から信頼される良き企業市民になることを目指して、当社は「SDGs(持続可能な開発目標)」に積極的に取り組むこととし、ここに、重点的に取り組む4つのゴールを設定することを宣言いたします。

(※1)「SDGs -Sustainable Development Goals( 持続可能な開発目標 )」とは:
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本も積極的に取り組んでいます。

【出典】外務省HP:https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html
 

  • FANTASが目指す4つのゴール

当社は、SDGs達成のため「不動産マーケットの透明化と活性化」「中古住宅の価値再⽣と空き家問題の解決」「ダイバーシティ経営の推進と⼥性活躍⽀援」「 社員⾃⾝がFANになる仕事環境の創出」の4つのゴールに向かって取り組んでまいります。

  • FANの連鎖を生み出すAction

当社は、4つのゴールを目指しFANの連鎖を生み出すために、それぞれのゴールに対して、「Action」と「Target」を設定しました。ここに、一例を紹介します。詳細は、当社コーポレートサイトのSDGs特設ウェブページをご確認ください。
【FANTAS technology株式会社 SDGs特設ウェブページ】:https://fantas-tech.co.jp/sustainability/sdgs

【02. 中古住宅の価値再生と空き家問題の解決】
■Action

空き家の増加は、深刻な社会問題となっています。当社は、リノベーションやDIYに関連したプロの知見を発信するとともに、新しい空き家の流通プラットフォームを提供します。
ライフステージや趣味が変われば、自分に必要な街も家も変化します。当社は、産官学連携による独自の再生技術で、空き家の無限の可能性を引き出し「自分の手で、今の暮らしにフィットした家をつくる」という、新たなスタンダードを創造していきます。

■Target
ポータルサイト提供開始:2021年4月を予定(※2)
(※2)プレスリリース:空き家を流通させ中古戸建てをおもしろくする物件情報サイト「FANTAS repro」ユーザーと中古戸建て取扱事業者を事前募集 (https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000023490.html

【04. 社員自身がFANになる仕事環境の創出】
■Action

当社は、社員ひとりひとりがFANTASの一番のFANであってほしいと考えています。そこで、社員が自ら働きやすい職場を創っていく取組みを応援しています。 2021年には、ある社員が企画した「ままたす・ぱぱたすプロジェクト」が発足し、男女問わず子育てと仕事が両立できるようなサポート制度が整備されました。
多様性や個性を尊重する職場から生まれたFANTASの色々なサービスが、お客さまをファンに変えていくこと、そして、そのファンの連鎖が社員の働きがいにつながることを切に願います。

■Target
FANTAS 会員数:約72,000人(2020年11月末)
  →約93,000人(2021年11月末目標)
ままたす・ぱぱたすプロジェクト(※3):新設(2021年3月)→企画実施(2021年11月末目標)
育児休暇取得率:100%(2021年度目標)
(※3)FANTAS technology株式会社:働く環境(https://fantas-tech.co.jp/recruit/culture/