メイクリープスメイクリープス/請求書の送付から口座振替・集金業務代行までワンストップで実現 RICOH口座振替連携サービス for MakeLeapsを3月10日 取扱開始

口座振替連携サービス 導入イメージ図

メイクリープス IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

〜売掛金回収・督促業務を効率化し、経理業務の負荷軽減に貢献〜

・クラウド型請求管理ソフト『MakeLeaps』オプション機能「RICOH 口座振替連携サービス for MakeLeaps」を2021年3月10日より取扱い開始
・アナログ作業になりがちな請求業務のDX化を促進
・請求書の送付から口座振替・集金業務代行までワンストップで実現し、経理現場の作業効率化に貢献
クラウド型請求管理ソフトの開発・運営を行うメイクリープス株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:児玉哲、以下メイクリープス)は、『MakeLeaps(メイクリープス)』のオプション機能「RICOH 口座振替連携サービス for MakeLeaps(以下、口座振替連携サービス)」を 3月10日より取り扱い開始致します。

口座振替連携サービスは、『MakeLeaps』で作成した請求データをもとに口座振替を実行できる有料オプション機能です。
振替結果を入金データとして『MakeLeaps』に取り込むこともできるため、入金管理をより正確に行うことができるようになります。また、口座振替サービスを利用する場合、一般的な作業フローとして振替依頼データの登録作業、回収結果の消込作業を手入力などのアナログ作業で行う必要があり、大きな業務負担となっていました。 口座振替連携サービスを利用することにより、登録作業もデジタル化することで簡素化され、経理業務の大幅な省力化・効率化を実現します。

口座振替連携サービス 導入イメージ図口座振替連携サービス 導入イメージ図

【口座振替連携サービス:導入メリット】

  1. 取引先毎に請求金額が自動計算され、銀行に連携するデータの集計・作成時間を削減できる
  2. 口座振替サービスを連携する事により回収状況を確認し、再請求や督促をミスなく実施できる
  3. 請求単位で入金状況が確認でき、入金消込の手間を大幅に効率化できる

【機能詳細ウェブページ】
口座振替連携サービス https://www.makeleaps.jp/features/direct-debit/

RICOH口座振替連携サービス for MakeLeaps
『MakeLeaps』基本料金の他に、別途下記のオプション費用が必要となります。
初期費用:5,000円
月額オプション費用:1,700円〜/月
対象プラン :MakeLeaps法人プラン以上

  • 本オプション機能をご利用には、別途リコージャパン株式会社との契約が必要となります。
  • リコーリース株式会社が提供する口座振替サービスをご希望の場合、別途費用が発生します。
  • 既に他社の口座振替サービスをご利用中のお客様は、全銀ファイルを介して連携することも可能です。

■『口座振替連携サービス』 機能概要:煩雑な入金管理の手間と回収漏れリスクを低減

定期的に発生する請求業務の負荷軽減の対策のひとつとして、口座振替を選択する企業も多数いらっしゃいます。 

取引先からの送金漏れによる回収リスクや請求書発行の作業工数の削減は期待されますが、口座振替の設定のために振替前に都度、回収予定表などの管理表の情報をもとに振替金額を入力する必要があるなど、人的ミスの温床にもなっていました。
また、振替後の入金管理のために振替結果を回収予定表に転記し、売掛管理を行う必要もあります。

「口座振替連携サービス」を利用することにより、請求書発行〜口座振替依頼〜入金管理までを『MakeLeaps』で一元管理できます。ひとつのアプリ内に情報が集約できるため、手入力で転記する必要もありません。振替に必要な情報をもとに振替依頼データを自動で生成し、入金結果もかんたんにアプリに取り込みができるため、請求・回収の両面で業務の効率化が実現できます。

本連携サービスのご利用をおすすめする方】
多くのお客様の回収、入金業務の負担を軽減します。

  • 口座振替用の請求データを作成する作業に毎月多くの時間を取られている
  • 入金情報と売掛金の照合に多くの時間がかかっている
  • 今後、口座振替を利用して請求・回収業務の手間を軽減したい

■『口座振替連携サービス』 機能概要:煩雑な入金管理の手間と回収漏れリスクを低減

 クラウド型請求管理ソフト『MakeLeaps』は、クラウド上で簡単に見積書や請求書をはじめとする書類を作成でき、承認、郵送代行や電子送付、入金管理や売上レポートの表示ができる請求管理ソフトです。2011年製品リリース以降、個人事業主から中堅企業まで幅広い企業様にご利用いただいています。また、2018年11月には株式会社リコーの100%子会社となり、リコーグループ内で製品機能の共同開発ならびに販売を強化することで機能開発・販売促進を進めてまいりました。

『MakeLeaps』は、請求書の作成から郵送まで、さらに売上レポートなどを一元的に管理することで手間を削減・効率化し、働き方改革に貢献してまいります。

【MakeLeaps サービス概要】

■サービス名称

  • MakeLeaps(メイクリープス)

■サービス開始年月

  • MakeLeaps 販売開始:2011年10月
  • MakeLeaps for Salesforce 販売開始:2015年8月

■主な機能

  1. 書類作成:見積書や請求書などの9種類の書類を作成できる
  2. 承認機能:書類の種類ごとに多段階承認フローの作成などが設定できる
  3. 送付機能:ダウンロードURL付メールによる書類の電子送付、またはワンクリックで印刷・封入・投函できる郵送代行が使える
  4. 入金管理:銀行の入金情報を取込み、発行した請求書の入金消込みを一元管理できる
  5. レポート:請求書の発行状況や入金消込みを元に、月毎や取引先毎の売上や売掛レポートが自動作成できる

■費用 

  • MakeLeaps :個人プラン 500円、法人プラン 800円〜
  • MakeLeaps for Salesforce (セールスフォース連携版) 30,000円〜

※プランによってご利用できる機能は異なります。詳細は下記の料金プランページをご覧ください。
MakeLeaps 料金プラン:https://www.makeleaps.jp/pricing/
※本プレスリリースに記載されている価格表示は、すべて税抜表示です。

【会社概要】
会社名:メイクリープス株式会社
代表:代表取締役社長 児玉 哲
本社:東京都目黒区中目黒3-1-5 YK中目黒ビル2F
電話:03-4550-1530(代表)
ホームページ:https://www.makeleaps.jp
設立:2014年7月
事業内容:ビジネス向けのクラウド型請求管理ソフト『MakeLeaps』の開発・運営