TERASSTERASS/DXで不動産売買を働く“人”から変革する|TERASSがグロービス・キャピタル・パートナーズをリードとするシリーズAラウンドで総額2.2億円を新たに調達

TERASS IT導入補助金に関するリリース

不動産売買領域のDXをEtoE(end-to-end)で行う株式会社TERASS(本社:東京都港区、代表取締役 社長 江口亮介)は、グロービス・キャピタル・パートナーズをリード投資家とし、三菱UFJキャピタルおよび既存株主であるインキュベイトファンドの計3社より新たに計2.2億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。

■このたびの資金調達について

リードとなるグロービス・キャピタル・パートナーズ、インキュベイトファンド、三菱UFJキャピタルの3社より、シリーズAラウンドで新たに2.2億円の資金調達を実施いたしました。
これにより累計資金調達額は3.2億円となり、今後はフリーランス不動産エージェントファーム「TERASS Agent(テラスエージェント)」並びに優秀な不動産エージェントが見つかる家探しマッチングプラットフォーム「Agently(エージェントリー)」の2事業において開発体制を強化することで、2024年3月に不動産エージェント500人超が活躍するEtoE(end-to-end)の不動産仲介DX企業となることを目指します。

■「TERASS agent」取引高は月間10億円に到達、「Agently」利用者数も2000人を突破

TERASSが展開する2つの主幹事業「TERASS Agent」「Agently」は、コロナ禍の非対面接客増加を追い風に、月間取扱高10億円、提案件数4,200件、メッセージ総数23,000件を突破するなど急成長を続けています。2021年1月には「Agently」のサービス対応エリアが東京都のみから1都3県(一部のエリアを除く)に拡大し、より多くの家探しのサポートが可能となりました。

■今後について
「TERASS Agent」に所属する不動産エージェントのいっそうの業務効率化とサポート体制のスピード向上のため、より広範囲の業務の自動化を目指し開発体制の強化を行います。特に契約書の作成や行政への届け出、住宅ローン手続きはこれまで人の手作業に依存する領域とされてきましたが、今後はこれらの業務にもテクノロジーによる効率化を行います。これにより、「TERASS Agent」に所属する不動産エージェントはより顧客のために時間を有効に使えるようになり、家探しカスタマーにより高い付加価値の提供を行うことが可能となります。
また、「Agently」においては、不動産エージェントの実績のわかりやすさやコミュニケーションのとりやすさを高め、より良いエージェントとのマッチングを行うための機能充実に注力し、家探しカスタマーと不動産エージェント双方の顧客体験を大幅に高めます。特に、不動産エージェントのレーティング機能など客観的な評価が蓄積される仕組みを整えることで、実績のある不動産エージェントをカスタマーが選び、プロのコンサルティングを受けながら進められる新しい家探しのスタイルを広めていきます。

■投資家からのコメント

グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー|今野穣氏

「代表の江口さんとは、昨年秋に開催されたインキュベイトキャンプでタッグを組ませて頂いたご縁以来、今回TERASS社のシリーズAに参加させて頂くことができ、キャンプの際に惚れ込んだ江口さんにコミットした事を有言実行できたことも含めて、大変嬉しく思います。住宅を探して買うということは、衣食住という人間の生活の根幹をなすものに対する意思決定であり、人生で最も大きな支出でもある非常に重要なイベントです。Agentlyを始めとしたTERASS社のサービスが、一人でも多くのお客様の大切な住宅の購買体験に対して、より付加価値を高い仲介業務を行うことを実現するとともに、一人でも多くのプロフェッショナルなエージェントが、付加価値に見合った評価や報酬を受け取ることができる、個をエンパワーメントする世界観を創造して頂くことを期待しています。」

インキュベイトファンド 代表パートナー|村田祐介氏

「設立前から伴走させて頂いているTERASSがシリーズAを迎えることができ、追加投資をさせて頂きました。昨今あらゆる業界において個としてのプロフェッショナルに焦点が当てられ、エンパワーメントされることで本来顧客に提供されるべき付加価値が最大化する仕組みが形成されつつありますが、不動産業界においてもTERASSが擁するエージェントのプロフェッショナル集団とAgentlyによって住宅の購買体験が大きく向上する仕組みが提供されるようになりました。今後業界構造を大きく革新する挑戦者としてのTERASSを引き続き支援して参ります。」

三菱UFJキャピタル 投資第一部 次長|山本弘樹氏

「家探しは多くの人に訪れる、人生においてとても重要なイベントです。納得のいく買い物をするためには、経験豊富で信頼できるエージェントに出会えるかどうかが一つの重要なポイントだと思いますが、そこが難しいところではないでしょうか。私自身も、色々な不動産業者に足を運んでも中々信頼できる担当者や気に入った物件に出会えずに、苦労した経験があります。江口さんから「Agently」の話を伺った時、このサービスなら家探しに悩む多くの人々を助けられるのではないかと思い、今回のファイナンスに参加させていただきました。江口さん率いるTERASSが、誰もがスムーズに納得のいく家探しができる世界を実現してくれると期待していますし、弊社も引き続きその挑戦を応援して参りたいと思います。」

■TERASSの事業|「TERASS Agent」と「Agently」で日本の不動産売買を変革する
TERASSは、EtoE(end-to-end)で不動産売買DXによる業界構造からの変革を行い、家を買う人、売る人、働く人などすべての不動産に関わる個人をエンパワーメントするテクノロジー企業です。
良い不動産エージェントを増やす「TERASS Agent」事業と、良い不動産エージェントと会える「Agently」の2事業を軸に、良い不動産エージェントと良い住宅取引ができる個人を増やすことを目指しています。

TERASS Agent|デジタライゼーションされた次世代不動産エージェントファーム

  • 多様な個人エージェントが効率的に、安定して売上をたて活躍するサポートを行う
  • 手数料売上の75%が還元される成果報酬型
  • 契約書作成や住宅ローン手続きなどの事務作業は本社で代行・自動化。コンサルティングなど顧客への付加価値提供に集中できる
  • フルリモート&フルフレックス、出社義務なしの自由な働き方
  • 副業も可能。リノベーション事業者や経営コンサルタント、パーソナルトレーナーなど各自のプロフェッショナリティとの掛け算で多様なニーズへの対応が可能

Agently|優秀な不動産エージェントが見つかる家探しマッチングプラットフォーム

  • 希望条件を入力するだけで、複数の不動産エージェントから住まいの提案が届く
  • 不動産エージェントのプロフィール、経歴や契約の実績を見てから返信ができる
  • 匿名チャットでコミュニケーションするため、不要な営業電話やメールが来ない
  • 家探しカスタマーの利用はすべて無料
  • TERASS Agentだけではなく、大手仲介、ワンストップリノベーション業者など多様な仲介業者が参画
  • 現実的な借入可能額から予算を決められる「借入可能額バッジ」(株式会社MFSと提携)機能など、より納得度の高い家探しができる機能充実

■株式会社TERASSについて
TERASSは、EtoE(end-to-end)で不動産売買のDXを行い、家を買う人、売る人、働く人などすべての不動産に関わる個人をエンパワーメントするテクノロジー企業です。2019年4月にCEO江口亮介により設立、2020年6月に中古購入検討者とエージェントとの合理的なマッチングを実現する新サービス「Agently」(https://agently.terass.com)をリリース。優秀な個人エージェントを支援する「TERASS Agent」事業も手掛け、いいエージェントといい家探しができる人を増やすことを目指しています。

CEO 江口亮介(Ryosuke Eguchi)より
家の購入はまさしく人生最大の意思決定のひとつで、幸せな暮らしも、今では働く時間すら、その家から始まっていきます。それほど重要な意思決定であるにもかかわらず、これまで不動産仲介業の業務プロセスや働き方は50年近く変わっていませんでした。しかし「中古の時代」・「個人の時代」の波や昨今のコロナ禍によって、今まで変わりきれなかったこの巨大産業にもようやく大きな変化の兆しが出てきていると確かに感じています。
TERASSはその不動産仲介領域において、既存の業務プロセスを効率化するばかりではなく、テクノロジーで多様な個人エージェントが活躍し能力に見合った報酬を得られる環境をつくり、優秀なエージェントに出会える機会を提供することで、より多くの人が最適な不動産売買をおこなうことができる世界を実現すべく活動しています。
今回はそういった我々の「DXで個をエンパワーメントし、不動産売買を働く“人”から変革する」という姿勢に共感いただいた3社から投資をいただき、シリーズAの資金調達を迎えることができました。今後も優秀な不動産エージェントが一層活躍し、よりよい不動産売買体験をしていただけるようにサービスの拡充や事業拡大をスピーディーに進めてまいりますので、引き続きTERASSにご期待ください。

江口亮介|プロフィール
慶應義塾大学経済学部卒業。2012年に株式会社リクルートに新卒入社(現リクルート住まいカンパニー)。

SUUMOの広告企画営業として、100社以上の不動産会社を担当。その後、売買領域の商品戦略策定・営業推進・新商品開発などを担当。2017年にマッキンゼーアンドカンパニーに入社し、戦略・マーケティングを中心とした経営コンサルティングを手がけたのち、2019年4月に株式会社TERASSを創業。個人で3回の不動産購入、2回のフルリノベーション、3回の不動産売却を経験。