Sansan/JETROが、国内外の6拠点でクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入

Sansan/JETROが、国内外の6拠点でクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入

Sansan IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

クラウド上で各国の拠点をまたぎ人脈を共有し、生産性を向上・DXを推進

Sansan株式会社は、独立行政法人日本貿易振興機構(本部:東京都港区、理事長 佐々木伸彦、以下 JETRO)が、本部(東京)の一部、海外の5拠点(ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、シンガポール、ベンガルール)でクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入したことを発表します。

JETROは、今年7月にデジタルを活用した新たな海外展開支援方針を発表し、新型コロナウイルスにより、対面でのビジネスが縮小される中でも、日本企業の海外展開・海外企業の対日投資を後押しできるように、サービスのデジタル化を進めています。今回、Sansanを導入し、クラウド名刺管理による業務効率化、拠点を横断した人脈の共有による生産性の向上を狙うほか、オンライン名刺(注1)を用いて、業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速します。

Sansan/JETROが、国内外の6拠点でクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入

サービス導入背景:
JETROは、対日投資促進やスタートアップの海外展開支援等を通じ、イノベーションの創出を支援しています。今年7月には、全世界的に直面している新型コロナウイルス感染拡大により、業務のデジタル化が求められる中、デジタルを活用した新たな海外展開支援の方針を発表し、出張・対面を前提としない、レジリエントな企業支援の体制構築を進めてきました。

今回、本部(東京)のうちスタートアップ・イノベーション関連部署、およびニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、シンガポール、ベンガルールの6拠点において、Sansanを導入することにより、業務のを押し進めます。

■導入の目的:
Sansanは、「名刺管理から、働き方を変える」をメッセージに掲げ、クラウド名刺管理サービスを通して、ユーザー企業の業務効率化・生産性向上に貢献します。JETROは、次のような狙いから、Sansanを導入しました。

・名刺のデジタル化による、業務効率化
Sansanは、手入力とAIにより名刺情報を99.9%の精度でデータ化します。名刺情報の検索ができるほか、正確に名刺情報がデータ化されるため、名刺交換相手に関連した人事異動情報がタイムリーに通知されるほか、名刺交換相手の企業の最新ニュースといった、営業活動に役立つさまざまな情報を自動収集し、1日2回、朝刊・夕刊として各種ニュースがメールで配信されます。

名刺情報の共有による、生産性の向上
Sansanでデジタル化された名刺は、組織内で共有することができます。JETROでは、本部(東京)の一部、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、シンガポール、ベンガルールの6拠点において、スタートアップ・イノベーション関連事業に携わる全てのスタッフが人脈情報を共有します。これにより、支援企業対応の重なりや無駄をなくすほか、効果的に情報提供を行い、業務の生産性向上に貢献します。また、人脈がクラウド上に保存されるため異動・退職に伴う引き継ぎ漏れの防止といったメリットもあります。

デジタルシフト推進オンライン名刺機能の活用
Sansanは、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、全世界的に、業務のオンラインへの移行が求められている中、オンライン名刺機能を6月より提供しました。オンライン名刺機能では、Sansan上でデジタルの名刺を持つことができます。オンラインの商談、イベント開催時にもこれまでと同じように名刺交換ができ、コロナ禍においても内外の関係構築に貢献します。

JETROは、デジタルを活用した新たな海外展開支援方針において、出張・対面を前提としないサービス提供の体制を構築していますが、オンラインでのミーティングや商談が増える中、オンライン名刺機能を活用し、業務のを推し進めます。

独立行政法人日本貿易振興機構について:
団体名:独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)
理事長:佐々木 伸彦
設立:2003年
事業内容:JETROは貿易・投資促進と開発途上国研究を通じ、日本の経済・社会の更なる発展に貢献することを目指しています。70カ所を超える海外事務所ならびに本部(東京)、大阪本部、アジア経済研究所および国内事務所をあわせ約50の国内拠点から成る国内外ネットワークをフルに活用し、対日投資の促進、農林水産物・食品の輸出や中堅・中小企業等の海外展開支援に機動的かつ効率的に取り組むとともに、調査や研究を通じ我が国企業活動や通商政策に貢献します。
従業員数:1,776名(国内1,045名、海外721名)※2020年4月1日現在
URL:https://www.jetro.go.jp/

Sansanは、今後も「出会いからイノベーションを生み出す」という当社のミッション実現へ向けて、進化を続けてまいります。

(注1)オンライン名刺についての詳細はこちら(https://jp.sansan.com/online-meishi/)をご参照下さい。
【機能紹介】オンライン名刺交換、はじまる。https://youtu.be/SMytyoEeioQ

(以上)

Sansanについて
名刺管理から、働き方を変える「Sansan」
Sansanは、法人向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナーやスマートフォンアプリで読み取るだけで、独自のオペレーションシステムによって名刺情報を正確にデータ化します。高度なAI技術により、企業内の人脈を管理・共有することが可能になるほか、社内の連携を促進する機能や顧客データを統合・リッチ化する機能を備え、ビジネスのはじまりを後押しする「ビジネスプラットフォーム」です。

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」および個人向け名刺アプリ「Eight」を開発・提供しています。名刺管理を起点としたビジネスプラットフォームとして活用できるサービスを国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日 
URL: https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:62億36百万円(2020年5月31日時点)
事業内容:クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売
法人向け「Sansan」 https://jp.sansan.com 個人向け「Eight」 https://8card.net