インフォディオ/スマートOCR(AI-OCR)がビジネスデータの活用を支援する日立ソリューションズの「活文」にOCRエンジンをOEM提供

プレスリリース

インフォディオ IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

データ抽出機能の精度アップのためにスマートOCRが採用され、「活文」の更なる機能向上に貢献します

株式会社インフォディオ(本社:東京都文京区 代表取締役:勝本伸弘、以下「インフォディオ」)が提供するスマートOCRが、株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区 取締役社長 星野達朗、以下「日立ソリューションズ」)が開発したビジネスデータの活用を支援する「活文」に採用されました。
今回スマートOCRが日立ソリューションズに高く評価され、「活文 Intelligent Data Extractor」に採用されました。

スマートOCRの数ある機能の中から、「活文 Intelligent Data Extractor」のビジネスモデルに合い、高く評価された項目として①手書き文字と活字のOCR変換精度が高いこと、②定型・非定型帳票でのOCR変換に対応していることが挙げられます。
このような点からスマートOCRは更なる「活文 Intelligent Data Extractor」のサービス向上のサポートをしていきます。

【AI-OCRソリューション「スマートOCR」について】
AI-OCRソリューションである「スマートOCR」では定型・非定型の様々なフォーマットの帳票を汎用的にデータ化することが可能で、すでに多くの企業にご導入いただいております。
「スマートOCR」では位置指定だけでなくルール定義・データ抽出AIにより、スマホなどから撮影した写真のOCR変換・データ化を可能としてきました。位置指定でないため、スマホで撮影した写真や、ゆがんだ写真などでも帳票をデータ化することができます。
データ抽出パッケージとして、「請求書」「領収書・レシート」「名刺」「運転免許証」「健康保険証」「決算書」「源泉徴収書」をリリースしており、今後もさまざまな用途のものをリリース予定です。

「スマートOCR」の詳細はこちら https://www.smartocr.jp/solution/

【「活文 Intelligent Data Extractor」について】
[綾子1] 「活文 Intelligent Data Extractor」は、請求書や発注書など、多様なフォーマットの紙の帳票からデータを自動抽出し、データ入力業務の効率化と抽出データの業務活用を支援します。

「活文 Intelligent Data Extractor」の詳細はこちら https://www.hitachi-solutions.co.jp/katsubun/sp/ide/

【お問い合わせ先】
本製品についての詳細につきましては、以下よりお問い合わせください。
​株式会社インフォディオ
お問合せフォーム:https://www.smartocr.jp/contact/
メール:ocr_support@infordio.co.jp
お電話:03-3868-2888 (OCRソリューション部 担当者 宛)

■株式会社インフォディオ(https://www.infordio.co.jp/
本社所在地:東京都文京区本郷二丁目27番20号 本郷センタービル5階
設立          :2002年7月
代表者      :代表取締役 勝本伸弘
事業内容   :ソフトウェア受託開発およびソフトウェア製品開発(金融機関、独立行政法人、通信会社等)
        AIコンサルティング・AIソリューション開発
          AI-OCRソリューションの開発・販売(スマートOCR)
        スマートフォン(iOS・Android)アプリ開発・アプリサービス