いい生活/株式会社KASUMIC(つくば市)がオーナー(物件所有者)とのコミュニケーションをチャットアプリでも可能にしました!

いい生活/株式会社KASUMIC(つくば市)がオーナー(物件所有者)とのコミュニケーションをチャットアプリでも可能にしました!

いい生活 IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

コミュニケーション業務の非対面に向けたDXを加速!

巨大な不動産市場のDXを力強く推進するクラウド・SaaSを開発、提供する不動産テック企業の株式会社いい生活(東京都港区、代表取締役 CEO:前野 善一、東証二部:3796、以下:いい生活)は、株式会社KASUMIC(茨城県つくば市、代表取締役:菊池 秀一、以下:KASUMIC)がオーナー向けアプリ「pocketpost owner」を2021 年1月より本格運用を開始したことをお知らせします。

いい生活/株式会社KASUMIC(つくば市)がオーナー(物件所有者)とのコミュニケーションをチャットアプリでも可能にしました!

KASUMICは、非対面業務への取り組みを強化し、オーナー(物件所有者)とのコミュニケーション業務のDX推進のため、いい生活が開発・運営する管理会社とオーナーとのコミュニケーションに特化した、「pocketpost owner」の導入を致しました。
これにより、オーナーは、KASUMICへの各種相談や、工事見積書確認・承認、毎月の収支の確認はもちろん、年間収支の報告書の確認もスマートフォン上で可能となります。
また、今までは工事状況の為、現地に訪問することもありましたが、「pocketpost owner」により、写真・動画での確認がアプリ上で可能となります。
今後も、いい生活とKASUMICは、新しいIT技術の活用によりDXを推進し、更なる不動産業における業務効率化と、オーナー、入居者の顧客満足度向上を目指してまいります。

■「pocketpost」について https://pocketpost.jp
いい生活の「pocketpost」は管理会社と入居者様、オーナー様とのやりとりに特化した賃貸管理業に特化したコミュニケーションアプリです。
電話してもなかなか出てくれない。毎月の郵送コストが気になる。pocketpost(ポケットポスト)は、こうした不動産周りのコミュニケーションに革新をもたらすサービスです。これにより、電話対応、紙の書類のやりとり、無駄な現地訪問等を大幅に削減。
入居者向け「pocketpost home」、オーナー向け「pocketpost owner」、キャッシュレス決済「pocketpost pay」の3サービスで、新たに収集された細かい居住ニーズ、スマホという太い連絡チャネルを活用した「くらし提案業」ビジネスへの移行を支援します。

■ 株式会社KASUMICについて https://www.kasumic.co.jp/
KASUMICは、2019年3月1日より香陵住販グループ(JASDAQ:3495)に加わり、管理戸数3,000戸を管理し、茨城県南エリアに3店舗、千葉県柏市に1店舗を展開しています。
「常に進化と挑戦を志し、感謝を忘れず、感動を与えられる人と企業であり続ける」をコンセプトに、不動産の仲介、販売、管理、収益不動産の開発、宅地分譲まで幅広く事業を展開する総合不動産企業です。
商     号 :   株式会社KASUMIC
所  在  地 : 茨城県つくば市桜1丁目22番地
設     立 : 昭和60年6月
資  本  金 : 99,459,000円
事  業  内  容 : 
不動産賃貸・売買仲介、買取・再販、賃貸管理、リフォーム提案、リースバック、宅地分譲、自社開発収益不動産の企画・販売、損害保険代理、各種コンサルティング

■ 株式会社いい生活について https://www.e-seikatsu.info/
いい生活は、「ITの力で不動産の市場を全ての参加者にとってより良いものに」をミッションに掲げ、不動産取引を円滑にするクラウド・SaaSを自社で開発し、提供する「不動産テック」企業です。不動産市場の未来を切り拓くクラウド・SaaSで巨大な不動産市場のDXを力強く推進しています。
商     号 : 株式会社いい生活
所  在  地 : 東京都港区南麻布五丁目2番32号
設     立 : 2000年1月21日
資  本  金 : 628,411,540円(2020年3月末現在)
事  業  内  容: 不動産市場向けクラウド・SaaSの開発・提供