ワールド・モード・ホールディングス/SEEPがWWDジャパン、トーチリレーと連続セミナーを共同開講~DX & OMO時代におけるリアル店舗の価値向上を目指す~

ワールド・モード・ホールディングス/SEEPがWWDジャパン、トーチリレーと連続セミナーを共同開講~DX & OMO時代におけるリアル店舗の価値向上を目指す~

WMH IT導入補助金に関するリリース

株式会社 iDA(アイ・ディ・エー / 本社:東京都渋谷区、代表取締役:加福真介)のサービスで、最短2週間で店舗の改善ポイントがわかる、業界初のファッション・ビューティー企業向けCS・ES改善クラウド「SEEP(シープ)※」は、ファッション・ビューティーニュースを独自の切り口で届ける専門メディア「WWDジャパン」、人の心に火をつける“トーチング”を手掛けるトーチリレーとともに、DXやOMO時代におけるリアル店舗のあり方を考える連続セミナー「店舗もリア充!!ミライのカレッジ ―DX、OMO、接客力アップ、スタッフ&本部との意思疎通……共に悩み、学び、心に火をつけよう―」を今春開講します。

ワールド・モード・ホールディングス/SEEPがWWDジャパン、トーチリレーと連続セミナーを共同開講~DX & OMO時代におけるリアル店舗の価値向上を目指す~

ワールド・モード・ホールディングス/SEEPがWWDジャパン、トーチリレーと連続セミナーを共同開講~DX & OMO時代におけるリアル店舗の価値向上を目指す~

隔週ペースで秋までの6カ月に及ぶセミナーで考えるのは、数百単位の閉店にまつわるニュースが飛び交う中、「DX」や「OMO」「スタッフのインフルエンサー&ライバー化」などの課題が浮上する一方で、「接客力アップ」や「スタッフ間、本社と店舗の意思疎通」という悩みは尽きることのないリアル店舗のミライ。「SEEP」は調査員による覆面調査で把握した現状の問題点をデータを交えて指摘しながら改善策を提案、 「WWDジャパン」はリアル店舗を取り巻く状況や将来に向けた先行他社の取り組みなどを解説、トーチリレーは改革に向けた販売員のマインドセットやコミュニケーションに際する心構えの伝授など、それぞれがリアル店舗のミライを考える上で欠かせないパズルのピースを持ち寄り、受講企業の皆さんと学び、悩み、心に火をつけ、実践することで、リアル店舗はもちろん、ショップスタッフや店舗運営責任者の“リア充”という壮大なパズルの完成を目指します。

全11回を予定しているセミナー期間中、「SEEP」の事業責任者である新井敬介が登壇するほか、調査員が事前、期中、終了直前の3回店舗を訪れ、改善進捗や次の課題などをフィードバックします。
 

  • セミナー概要

「店舗もリア充!!ミライのカレッジ ―DX、OMO、接客力アップ、スタッフ&本部との意思疎通……共に悩み、学び、心に火をつけよう―」
日程:4月15日~9月30日(予定)毎月第1、第3木曜日
時間:13:30~15:00(予定)
実施方法:オンライン配信
費用:60万円(税別)

■「店舗もリア充!!ミライのカレッジ」選択受講
日程:5月6日~8月19日(予定)毎月第1、第3木曜日
時間:13:30~15:00(予定)
実施方法:オンライン配信
費用:10万円/講座(税別)

■講師

ワールド・モード・ホールディングス/SEEPがWWDジャパン、トーチリレーと連続セミナーを共同開講~DX & OMO時代におけるリアル店舗の価値向上を目指す~

詳細は「店舗もリア充!!ミライのカレッジ」特設ページよりご確認ください。
URL:https://www.wwdjapan.com/c/future-college2021/