GMOインターネットグループ/GMOドメインレジストリ:お店のためのドメイン「.shop」累計登録件数200万件突破!

GMOインターネットグループ/GMOドメインレジストリ:お店のためのドメイン「.shop」累計登録件数200万件突破!

GMOインターネットグループ IT導入補助金に関するリリース

2021年2月12日
報道関係各位

GMOドメインレジストリ株式会社
================================================
お店のためのドメイン「.shop」累計登録件数200万件突破!
================================================
 GMOインターネットグループでレジストリ事業を展開するGMOドメインレジストリ株式会社(以下、GMOドメインレジストリ)は、本日2021年2月12日(金)をもって、お店のためのドメイン「.shop」の累計登録件数が200万件を突破しましたので、お知らせいたします。
 

GMOインターネットグループ/GMOドメインレジストリ:お店のためのドメイン「.shop」累計登録件数200万件突破!

————————————————-
【「.shop」運営の歩み】
————————————————-
 「.shop」は、一目で“お店”を表していることが分かる、EC事業者や実店舗運営者に最適なドメインです。
GMOドメインレジストリは、2016年1月28日に実施されたICANN(※1)主催のオークションにおいて、当時の世界最高額(※2)となる4,150.1万USドル(約49.2億円(※3))で落札し、新gTLD(※4)「.shop」の運営権利を獲得しました。「.shop」は、2016年9月27日に一般登録を開始した後、18時間で5万3,000件超の登録があり、2019年3月20日には累計登録件数が100万件に到達しました。そして、本日2021年2月12日(金)をもって、累計登録件数200万件を突破いたしました。一般登録開始から累計登録件数100万件に至るまでには約30ヶ月を要しましたが、100万件から200万件までは約23ヶ月での達成となりました。
 

GMOインターネットグループ/GMOドメインレジストリ:お店のためのドメイン「.shop」累計登録件数200万件突破!

■ニューノーマル時代のデジタルシフトを支援
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「.shop」は、GMOメイクショップ株式会社が運営する「MakeShop byGMO」や、GMOペパボ株式会社が運営する「カラーミーショップ byGMOペパボ」のほか、世界中のECサイト構築サービスと連携しています。
 昨今、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、あらゆる業界の事業者においてEC(ネットショップ)の需要が高まっています。日本国内では、緊急事態宣言の発令によって外出自粛や実店舗の営業時間短縮が促されたことを受け、従来はEC導入を検討していなかった個人・小規模事業者においても、事業継続や新たな販路を拡大するべく、ECを立ち上げる動きが見られています。海外でも同様の動きが顕著であり、2020年2月以降、北米・欧州を中心に“お店”を表すドメイン「.shop」の登録が急増しており、ECサイト構築サービスと「.shop」の同時登録が増加したことが、「.shop」の登録件数を大きく伸ばす要因となりました。
 消費行動のデジタルシフトは不可逆的なものとなり、今後もEC需要は続くと考えられます。GMOドメインレジストリは、「.shop」を様々な“お店”のドメインとして幅広くご使用いただけるよう、国内・海外の多数のECサイト構築サービスとの連携によって普及に努めるとともに、ニューノーマル時代のデジタルシフトを支援してまいります。

(※1)Internet Corporation for Assigned Names and Numbersの略称。インターネット上で使用されるドメイン名やIPアドレスといったアドレス資源の割当管理を行う米国の非営利団体。ドメイン登録業務を行うレジストラ(登録事業者)を公認する権限を持っています。
(※2)現在の世界最高額は「.web」。 1億3,500万USドル(約142.3億円)で落札されました。
1USドルあたり105.41円(2016/7/27 終値、「.web」落札日)で換算。
(※3)1USドルあたり118.66円(2016/1/27 終値、「.shop)落札日)で換算。
(※4)ドメイン名において、末尾部に配置される「com」や「net」、「jp」などの文字列のことをTLD(トップレベルドメイン)といいます。TLDは、それぞれICANNに申請をして認められた事業者がICANNから委任されて管理運営業務を行います。2008年6月にICANNの理事会において、TLD導入のルールを大幅に自由化する案が承認され、2012年1月よりICANNの適切な審査プロセスのもと自由な文字列によるTLDの申請が開始されました。これを新gTLDと呼びます。

————————————————-
【GMOドメインレジストリについて】(URL:https://www.gmoregistry.com/
————————————————-
 GMOドメインレジストリは、GMOインターネットグループで培ったドメイン取り扱いノウハウ、システム構築・運用技術を結集し、地方自治体、法人、団体による新gTLDの申請手続きおよびシステム構築・運用からマーケティング・営業活動支援を行う会社として2009年7月に設立された会社です。現在は、東京都、名古屋市、横浜市より管理運営事業者として支持を受け、地域名TLDの「.tokyo」、「.nagoya」、「.yokohama」の運用を開始しているほか、キヤノン株式会社様の「.canon」や株式会社日立製作所様の「.hitachi」の運用支援を行っています。

————————————————-
【「.shop」関連URL】
————————————————-
・公式サイト(英文) URL:https://get.shop/
・利用事例紹介サイト URL:https://get.shop/case_jp/

以上

————————————
【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOドメインレジストリ株式会社
E-mail:newgtld@gmoregistry.com 
————————————
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOインターネット株式会社
グループコミュニケーション部 広報担当 長井
TEL:03-5456-2695  E-mail:pr@gmo.jp
————————————

【GMOドメインレジストリ株式会社】(URL:https://www.gmoregistry.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOドメインレジストリ株式会社
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー 
代表者  代表取締役社長 塚原 廣哉
事業内容 ■ドメインレジストリ事業
資本金  1億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【GMOインターネット株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
     ■インターネット広告・メディア事業
     ■インターネット金融事業
     ■暗号資産事業
資本金  50億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2021 GMO Registry, Inc. All Rights Reserved.
■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp