フロムスクラッチ/生活協同組合コープこうべ、マーケティングプラットフォーム「b→dash」を活用して、買い物やコミュニティ参加など、組合員の日々のくらしをアップデート

フロムスクラッチ/生活協同組合コープこうべ、マーケティングプラットフォーム「b→dash」を活用して、買い物やコミュニティ参加など、組合員の日々のくらしをアップデート

フロムスクラッチ IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

デジタルトランスフォーメーションの推進により、組合員の新たな行動様式への対応がスピードアップ

株式会社フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区/代表取締役:安部泰洋、以下「当社」)は、同社が開発・提供するデータマーケティングプラットフォーム「b→dash(ビーダッシュ)」の活用を通じ、生活協同組合コープこうべ(本部:神戸市東灘区/組合長理事:木田 克也 以下「コープこうべ」)が展開する宅配・店舗事業と組合員の運営参加などのデジタルトランスフォーメーションを促進することをお知らせ致します。本取り組みによって、組合員の買い物体験の向上や新たな行動様式にも柔軟に対応することが可能となります。

フロムスクラッチ/生活協同組合コープこうべ、マーケティングプラットフォーム「b→dash」を活用して、買い物やコミュニティ参加など、組合員の日々のくらしをアップデート

コープこうべは、日本で最大規模の組合員数を持つ生活協同組合で、宅配や店舗、ECサイト「コープこうべネット」といった複数の事業を展開しています。2018年よりデジタルトランスフォーメーションに注力し、さまざまなサービスを利用する組合員の要望に応えやすくするためにデータ分析や意見収集など、当社のマーケティングプラットフォーム「b→dash」をご導入・ご活用頂いておりました。

 

この度、コープこうべ独自のデータ統合基盤が構築されたことにより、組合員一人ひとりのニーズの可視化や、新型コロナウイルス等に伴う行動様式の変化にも柔軟に対応できるようになりました。実現されたことは下記の通りです。

 

 

①統合されたデータによる、ユーザーエクスペリエンスおよびLTVの向上

 

データ統合基盤を活用することで、組合員一人ひとりに最適な情報を提供することが可能になりました。その結果、店舗と宅配など、チャネルを複数利用いただくことで、組合員の買い物の利便性向上や、コミュニティへの参加促進により、ユーザーエクスペリエンスの向上および、LTVを向上させることが可能になりました。

 

また、最近では、コロナ禍により、宅配の新規申し込みや注文数が急増したことにより、注文が殺到した商品が在庫切れになってしまい、抽選で当選した組合員にのみ商品が発送されるというケースが発生していました。しかし、データ統合基盤が構築されたことによって、宅配注文した商品がやむなく抽選対応になった場合、配送日より前に抽選結果をメールで自動送付できるようになりました。データ統合基盤を活用することによって、これまでよりも迅速にサービス改善を行い、利用体験を向上させたことで、組合員からの評価も高まりました。

②購買行動に関する中間KPIの可視化

b→dashでのデータ統合基盤の構築に伴い、これまでは可視化できていなかった購買行動に関する様々なKPIを可視化することが可能になりました。小売業界の主なボトルネックとなる、チャネルをまたいだF2転換率や、ロイヤルカスタマー率の可視化など購買行動に関するKPIはもちろんのこと、顧客データと宅配の利用状況データを元に、宅配リソースを最適に配分することも可能になりました。

このように、マルチデータの統合によって利用体験の向上につながるKPIをモニタリングし、改善していくための基盤が整備されています。

 

③データ連携・統合・抽出作業の短縮に伴う生産性向上

 

これまでコープこうべは、店舗、宅配、ECサイトそれぞれのデータが統合されておらず、バラバラのシステムで管理されていたため、データ分析を行おうとすると、データを準備するまでの連携や統合、抽出作業に大幅な工数を要してしまっていました。

 

データ統合基盤が完成したことにより、都度データの連携や抽出作業をする必要がなくなり、b→dash上で内部共有用の分析レポートを、特別なリテラシーやスキルを持たずとも誰でも簡単に作成できるようになり、大幅に生産性を向上させています。

 

今後もb→dashはビジネスを支えるデータマーケティングを推し進めることで、コープこうべのデジタルトランスフォーメーションを推進してまいります。

 

 

▼データマーケティングプラットフォーム「b→dash」とは

「b→dash」は、企業が保有するユーザーデータ・広告データ・購買データなど、マーケティングプロセス上に存在する全てのビジネスデータを、一元的に取得・統合・活用・分析するSaaS型データマーケティングソリューションです。

 

「統合」:プライベートDMP / DWHほか、「活用」:MA / CCCM / レコメンド / Web接客ほか、「分析」:アナリティクス / BIほかをはじめとして、あらゆる機能をオールインワンで搭載しています。

 

2019年には世界初の技術を使った新機能の『Data Palette』を実装しました。これは、世界で初めてノンプログラミングでデータの統合や変換がGUI上で実現できる新たな技術です。UI/UXがわかりやすく設計されており、SQLやプログラミングの技術がなくとも、b→dashの操作画面上で直感的にデータを使いこなすことができるようになり、データを誰でも扱うことができる世界が実現されます。

 

今後、データ統合基盤や処理エンジン『Data Palette』の開発強化に加え、「b→dash」に蓄積された膨大なマーケティングデータを活用することで、マーケティングテクノロジー領域における新たなソリューションを開発予定です。「b→dash」は企業のマーケティング・ビジネス改革はもちろん、データを活用した労働生産性の向上に寄与して参ります。

 

なお、2018年2月より、お笑いコンビ「おぎやはぎ」のお二人をブランドキャラクターとして起用し、TVやWeb、都内交通機関を中心にCM放映を開始しております。

 

●CMの詳細はこちら

https://bdash-marketing.com/special/

 

●「b→dash」の詳細はこちら
https://bdash-marketing.com/

 

 

【株式会社フロムスクラッチについて】

フロムスクラッチは、ビッグデータ×人工知能を主軸に事業を展開するデータテクノロジーカンパニーです。現在は、データソリューションSaaSである「b→dash」の開発・提供を中心に事業を展開しています。今後は強みである、データ統合技術、データ高速処理技術、人工知能技術を競争力の源泉とし、さまざまな産業領域とエリアでの事業展開を予定しています。

 

2019年にはKKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)やゴールドマン・サックス等を対象に、総額100億円の第三社割当増資を実施しました。これにより「b→dash」をリリースした2014年10月以降の累計調達総額は145億円となりました。

 

【フロムスクラッチ 会社概要】

・会社名:株式会社フロムスクラッチ
・代表者:代表取締役 安部 泰洋
・所在地:東京都新宿区西新宿7丁目20番1号住友不動産西新宿ビル26階
・設立:2010年4月
・事業内容
–    データマーケティングプラットフォーム「b→dash」の開発、ならびに導入支援
–    人工知能を用いたデータソリューション開発
–    データテクノロジー領域の基礎研究・開発
・URL:https://f-scratch.co.jp/