レック・テクノロジー・コンサルティング/レック、DX推進を支援するSREサービスを提供 Kubernetesの効果的な活用に向けて開発、運用、セキュリティの課題をトータルに支援

レック・テクノロジー・コンサルティング/レック、DX推進を支援するSREサービスを提供 Kubernetesの効果的な活用に向けて開発、運用、セキュリティの課題をトータルに支援

レック・テクノロジー・コンサルティング IT導入補助金に関するリリース

レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:紙屋滋、略称、Re:Q(レック・テクノロジー)、URL:https://www.reqtc.com/ )は、デジタル変革・DX推進の強化に向けて、Kubernetes(クーバネティス)の技術支援体制を整備して、SRE(Site Reliability Engineering)*サービスの提供を開始します。
Kubernetesを新規に導入、またはより効果的な活用を目指すユーザーに向けて、導入・構築から、開発、運用まで各種の課題に柔軟に対応して、実践的なサポートを提供していきます。

 

今、様々な業界においてデジタル変革(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みが拡がる中、そのシステム構築・運営において、Kubernetesがコンテナ管理ツールの業界標準となりつつあります。そしてKubernetesはコンテナの運用管理と自動化を目的に設計されたオープンソースのシステムとして、急速に注目が高まっています。
 

レック・テクノロジー・コンサルティング/レック、DX推進を支援するSREサービスを提供 Kubernetesの効果的な活用に向けて開発、運用、セキュリティの課題をトータルに支援

Kubernetesを利用することにより、コンテナの仮想化によるアプリケーションを開発・配置・実行するために複数のDockerを管理する手間を減らし、コストの削減が可能となるメリットがあります。しかし、Kubernetesは、開発、運用、セキュリティなどの課題をトータルに対応することが必要となるため、顧客が独自に有効に活用するのは容易ではない面もあります。

Kubernetesを使いこなすためには、従来と異なるスキルが求められ、SREエンジニアの参画が必要となります。SREエンジニアはコード管理やセキュリティの担保、ログ管理などの運用環境の整備、可用性/拡張性を担保して、DevOps(デブオプス) **を回しながら日々改善する役割を担います。そして、社内のアプリケーション担当チームやインフラ担当チームなど組織横断する立場でインフラ整備を進めて、開発のスピードの阻害要因となる自動化されていない業務を自動化していくことが求められます。

Re:Qはインフラ基盤構築に特化した専門家集団として、AWSを始め、これまで多くのクラウド基盤構築の実績を持ち、クラウド上でのコンテナ導入においても、大手運輸業を始め数多くの業種の企業をサポートしてきた経験とノウハウを持っています。その経験とノウハウを活かして、DevOpsやコンテナ活用において課題を持つ企業に対してSREエンジニアの技術支援サービスを提供していきます。ユーザーがKubernetesを効果的に利用するため、運用対策・セキュリティ対策・エコシステムを中心としたコンサルティングによる内製化及びマネージドサービスをおこないます。

Re:Qでは、SREサービスの提供を機に、Kubernetesの利用を推進しながら、DXを推進するユーザーを支援していきます。

●SREサービスの主な機能
・設計構築支援
 - 新規にKubernetesを導入検討する顧客に対する設計・構築支援サービス
・運用対策
 - バージョンアップ計画/検証などの技術支援
 - コンテナの可視化するエコシステムの活用の技術支援
・セキュリティ対策
 - 内部レジストリに脆弱性があることをスキャン
 - 運用設計、指針の徹底 → 利用ガイドライン作成
・エコシステム
 - 活用するエコシステムのベストプラクティスの提供
 - 数多くの選択肢 → 利用ガイドライン

●SREエンジニア
SREエンジニアはコード管理、コードパイプラインにおけるセキュリティの担保や、ログ管理/監視/可視化などの運用環境の整備、可用性/拡張性の担保をDevOpsを回しながら日々改善していく役割が求められます。
社内のアプリケーション担当チームおよび、インフラ担当チームなどの組織を横断する立場でインフラ整備を進めることにより、開発スピードを阻害する要因となる自動化されていない業務を徹底的に自動化することが役目を担うエンジニアです。

●販売情報
・価格:SREコンサルティングサービスの標準費用:100万円~
             マネージドサービスはチケット制で提供:10万/チケット、最低3チケットから

*SRE(Site Reliability Engineering)とは、Googleが提唱したエンジニアの役割でシステムの信頼性に焦点を置いています。
 
**DevOps(デブオプス)とは、開発チーム(Development)と運用チーム(Operations)が協力しあってシステムを開発・運用することでビジネスの価値を高めるための様々な取り組みを示す概念です。

 〇 Re:Q(レック・テクノロジー)のビジネスについて
当社は、製品ベンダーやSIerとは異なる立場で、製品の販売や保守に関係なく顧客ニーズに対応したITシステム基盤の構築に関するコンサルティングサービス、プロフェッショナルサービスを提供してきた豊富な経験と実績を持ちます。
2016年に、APAC CIO outlook Magazine(米国・シリコンバレー)において、”25の将来最も有望なOracleソリューション・プロバイダー”*3に選出されています。
 
*3:APAC CIO outlookが選ぶ、Oracleソリューションとテクノロジーサービスを提供しているアジア太平洋地域の約750社のソリューションサービスプロバイダーの内、将来最も有望なOracleソリューション・プロバイダー25社を選出。
https://www.apacciooutlook.com/digital-magazines/oracle-special-feb-2016/#page=10
 
  2020年には、 APAC Business Headlinesに、 ” テクノロジーにおける模範的なイノベーションとリーダーシップを発揮しているアジア太平洋地域のトップテック企業 ” *4として、日本から当社が選出されました。

*4:”Top Tech Company to Watch in 2020 from Japan (日本発2020年に注目すべきトップテック企業)”として APAC Business Headlines にカバーストリーとして特集されています。  
https://apacbusinessheadlines.com/digitalmag/TOPTECH-ReQ-Technology.html#features/

Re:Q は、レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社の登録商標です。
文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

<本サービスのユーザーからのお問い合わせ先>
レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社
〒105-0004 東京都港区新橋2-9-17
https://www.reqtc.com/
営業部門:03-6382-7403