インフォバーングループ本社/日常を再発明する。テクノロジー・カンファレンス「TOAワールド・ショーケース2021」開催

インフォバーングループ本社/日常を再発明する。テクノロジー・カンファレンス「TOAワールド・ショーケース2021」開催

インフォバーングループ IT導入補助金に関するリリースです。IT導入補助金とはITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

2021年は「TOAワールドショーケース2021」として初の2日間、オンラインで開催することが決定しました。

2012年よりクラウドファンディングで始まり、いまや“欧州のSXSW”とも称されるようになったベルリン発のテクノロジー・カンファレンス「Tech Open Air(TOA)」。日本では、2017年より3度にわたり「TOAワールドツアー」を東京で開催してきました。2021年は「TOAワールドショーケース2021」として初の2日間、オンラインで開催することが決定しました。

インフォバーングループ本社/日常を再発明する。テクノロジー・カンファレンス「TOAワールド・ショーケース2021」開催

インフォバーングループが運営するイノベーターハブ「Unchained」( https://unchained.tokyo/ )とベルリン発のテクノロジー・カンファレンス「Tech Open Air(TOA)」( https://toa.berlin/ )は、2021年2月15(月)・16日(火)の2日間にわたって、オンラインイベント「TOAワールド・ショーケース2021」( https://toa.infobahn.co.jp/ )を開催。

2012年よりクラウドファンディングで始まり、いまや“欧州のSXSW”とも称されるようになったベルリン発のテクノロジー・カンファレンス「Tech Open Air(TOA)」。日本では、2017年より3度にわたり「TOAワールドツアー」を東京で開催してきました。2021年は「TOAワールドショーケース2021」として初の2日間、オンラインで開催することが決定しました。

今年のテーマは、「Re-Inventing Everyday -日常を再発明する-」。2020年、新型コロナウィルスのパンデミックの影響を受けて、わたしたちの日常の暮らしは様変わりしました。人との繋がりや家族のあり方、リモートワークが推進された働き方の変化、デジタル空間での体験、気候変動への対策、デジタルトランフォーメーションなど、多くの課題に直面しています。

本カンファレンスでは、重要なイシューとして以下の5つのピラーを提示し、それぞれに国内外の魅力あるスピーカーとともに、2021以降世界・社会がどう変革していくのか議論しながら、参加者とともに考えていきます。

5つのピラー

1. New Livelihood 新しい生活
新型コロナウィルスとの共生するなか、新しい生活様式が生まれています。家事、食生活、運動など、それを支援するテクノロジーと今後どのような方向に向かうのか、コロナ後も見通した新たな生活様式の再発明について考えます。
キーワード:分散化、職住一体、タイムマネジメント、社会参画(高次の欲求)

2. Unified Experience 融合型エクペリエンス
パンデミックの影響によりリモート化が進んだ世界で、オンラインミーティングや拡張現実、現実世界をデジタル空間に再現したデジタルツインが急速に普及しはじめています。オフラインとオンラインの世界を行き来する中、いかにして現実世界とバーチャルな体験をシームレスなストーリとして描けるのか。
無観客試合やコンサートなども見据えつつ、また通販などの体験も含めてどのような新しい経験を再発明するか?
キーワード:UX-CX→TX(Total Experience)、UCaaS(Unified Communication as a Service)、Unified Experience

3. Distributed Learning 分散化型学習
一極集中だった教育の仕組みも抜本的な変化が求められています。同様に学習内容も含めて、どのように設計したらよいのか。また教育だけではなく、社会人にとっての情報収集なども含め、新たな学習の再発明が必要となりそうです。
キーワード:ギグエコノミーと先生、テクノロジーと教育(EdTech)、個別最適化とプロジェクト学習

4. Regenerative Society 再生型の社会
気候変動、大量消費と破棄、格差問題… わたしたちは資本主義が生み出した問題に直面しています。奪うだけではなく、持続し、さらに再生するエコシステムをどのように育むのか、ハードウェアだけではなく、人的資源やコミュニティも含めた破壊から再生への転換について討議していきます。
キーワード:線形経済(リニアエコノミー)から循環経済(サーキュラー エコノミー)へ、修理する権利、エシカルサプライチェーン

5. The Momentum of a Transformation 新たな時代への移行
新たな時代を再発明するため、イノベーターたちが知っておくべきことはなにか。DXを含め、その先にはなにがあるべきか。もつべき倫理、知見、組織、規制など、再発明が必要なものについて考えます。
キーワード:社会、組織、コミュニティーのトランスフォーメーション、共通する価値観など不可視の領域

<最新のプログラム・登壇者は、イベントサイトで随時更新中>
https://toa.infobahn.co.jp

<Unchainedについて>
Unchained(アンチェーンド)は、インフォバーングループが組成する、企業内イノベーターのためのハブであり、ブロックチェーンやIoT、AIなど幅広いテクノロジー領域における新規事業支援を行う。さらに、ベルリン発のイノベーション・カンファレンス「Tech Open Air(TOA)」の公式パートナーとして欧州を中心に、アジアなどグローバルな先進企業との交流やマッチングも推進。
URL:https://unchained.tokyo/

<インフォバーングループについて>
インフォバーングループはオンラインパブリッシャーのパイオニア企業として、企業とユーザーをつなぐためのストーリーを紡ぎ続けてきました。メディア運営を通じて得た知見を軸に、企業のBRANDING(コンテンツマーケティングをベースにしたブランド育成支援)、CREATIVE(メディア構築・運営支援)、INNOVATION(プロダクト/サービス開発支援)の3領域をサポートいたします。

【開催概要】
TOA ワールド・ショーケース2021
オンライン開催
日時: DAY1 2021年2月15日(月) 14:00〜18:15
    DAY2 2021年2月16日(火) 14:00〜18:30
*DAY2は、終了後に、「Happy Hours with Innovators」と題したオンラインネットワーキング会を開催します。(18:25〜19:00予定)
チケット:オンライン視聴(2日間、アーカイブ付)  5,500円(税込)
申込ページ:URL:https://toa.infobahn.co.jp/
主催:Tech Open GmbH, 株式会社インフォバーン

【本件に関するお問い合わせ】
TOA日本事務局(toa_tokyo[a]infobahn.co.jp
※[a]を@に変換のうえ、お問い合わせください。