Peaceful Morning/RPAオンボーディングサービスのPeaceful Morning、SBI AntWorks Asiaと統合オートメーション プラットフォーム事業で業務提携

Peaceful Morning/RPAオンボーディングサービスのPeaceful Morning、SBI AntWorks Asiaと統合オートメーション プラットフォーム事業で業務提携

Peaceful Morning IT導入補助金に関するリリース

RPAオンボーディングサービス「Robo Runner (ロボランナー)」を提供するPeaceful Morning株式会社(神奈川県横浜市、代表取締役:藤澤 専之介、以下「当社」)は統合オートメーション プラットフォーム「ANTstein SQUARE」を日本国内向けに販売するSBI AntWorks Asia株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:横山宏明、以下「SBI」)との業務提携に合意したことを発表いたします。

Peaceful Morning/RPAオンボーディングサービスのPeaceful Morning、SBI AntWorks Asiaと統合オートメーション プラットフォーム事業で業務提携

SBIが提供する「ANTstein SQUARE」は、統合オートメーション プラットフォームとして、業務自動化を実現する「QueenBOT RPA」、AIの活用によって自動化の対象としてふさわしい業務を見つけ出す「Process Discovery」(プロセスディスカバリー)、AIの機能でドキュメントからデータを読み取りデジタル化する「Cognitive Machine Reading」(コグニティブ マシン リーディング、略してCMR)のような様々なプロダクトで構成されます。

当社の提供するRobo Runnerは、月額10万円でRPAツール導入後のプロジェクト運営~開発・保守といったあらゆる困りごとを、経験豊富なサポーターがオンラインで解決するサービスです。この度、SBIが提供するQueenBOT RPAがRobo Runnerの対応製品となったことで、導入後のお客様にきめ細やかなサポートを提供できるようになりました。また、オンラインでRPAを学べるRobo RunnerスクールにもQueenBOT RPAの学習コースを今後追加していく方針です。

今回の業務提携についてSBI AntWorks Asia社の代表取締役の横山宏明様は次のように述べております。

「Robo Runnerの対象に弊社製品『QueenBOT RPA』を加えていただいたことを嬉しく思います。大手企業や首都圏では導入が一巡してしまったと言われるRPA製品ですが、中小・地方企業や公共機関ではこれからというところも多く、そうした方々に自動化のメリットを感じていただき、RPAの定着を支援するにはPeaceful Morning様のようなパートナーが大変重要だと考えています。Robo Runnerという心強いパートナーと共に、多くの企業様で弊社製品をご活用いただければ幸いです。」
 
「ANTstein SQUARE」についてご興味がある場合は当社(roborunner-biz@peaceful-morning.com)またはSBI(mktg@sbiantworks.com)までお問合せください。

■SBI AntWorks Asia株式会社について https://www.sbiantworks.com/
2015年に創立したシンガポールに拠点を持つAntWorks Pte.Ltd.は、シリーズAラウンドでSBIホールディングスから1,500万米ドルを調達し、米ソフトウェア業界団体SIIAの第43回CODiEアワードで「ベストAIドリブンテクノロジーソリューション」を受賞するなど、AIやRPAの分野で注目されているスタートアップ企業です。SBI AntWorks Asia株式会社は、AntWorksとSBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社による合弁会社で、日本国内を中心として、AntWorks社の製品を販売しています。

■Peaceful Morning株式会社について https://peaceful-morning.com/
Peaceful Morningは、『我慢しないで働ける社会を創る』というミッションのもと、業務自動化テクノロジーを通じて、我慢せず⾃由にクリエイティブな仕事ができる社会の実現を⽬指しています。2018年の創業からRPAによる業務の自動化を促進すべくRPA保守サポートサービス「Robo Runner」、自動化メディア「RPA HACK」、550名の登録者を抱えるRPAエンジニアの就業支援「RPA HACKフリーランス」等様々な事業を行っております。